fc2ブログ
プロフィール

sanukinisumuhito

Author:sanukinisumuhito
農薬のない世界がくることを望みます。農薬は土、水、空気すべてを汚染し生態系を破壊します。農薬以外にも人が作り出した様々な化学物質は日々環境中に放出され、環境汚染を悪化させ、生き物を苦しめ死に追いやっています。すべての人間にそういう流れを止める努力をしてもらいたいです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

202

8.讃留霊王神社と古代法勲寺

※法勲寺跡の図 並 復元図 昭和32年発行「法勲寺村史」複写讃留霊王神社の東側には古代法勲寺があったと伝えられ、法勲寺跡だった場所の田や川の中からは礎石や小瓦が出土している。古瓦に至っては今でも田畑の中から出土することがあるそうだ。出土した礎石は、讃留霊王神社境内の地神塔や御旅所の台に用いられている他、御旅所のある辺りに礎石12個が並べて保存されている。またそこには古代法勲寺の五重塔跡にあった塔中心礎石... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-16.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-16.jpg" alt="sarureo6-16.jpg" width="995" height="1256" border="0" /></a><br>※法勲寺跡の図 並 復元図 昭和32年発行「法勲寺村史」複写<br><br>讃留霊王神社の東側には古代法勲寺があったと伝えられ、法勲寺跡だった場所の田や川の中からは礎石や小瓦が出土している。古瓦に至っては今でも田畑の中から出土することがあるそうだ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-27.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-27.jpg" alt="sarureo6-27.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>出土した礎石は、讃留霊王神社境内の地神塔や御旅所の台に用いられている他、御旅所のある辺りに礎石12個が並べて保存されている。またそこには古代法勲寺の五重塔跡にあった塔中心礎石の破片より、元の形に復元した塔中心礎石も展示されている。<br><br>讃留霊王の悪魚退治伝説の中に、悪魚を退治した後、悪魚の怨念がしきりに里人を苦しめたので、天平年間に行基が福江に魚の御堂を建て、また、法勲寺を建てたとある。<br>また延暦十三年(七九三)に空海がこの寺を讃留霊王の墓地のある場所に移し、法勲寺の再興に力を尽くしたと言われ、それが古代法勲寺のはじまりだと伝えられている。<br>しかし法勲寺跡からは白鳳時代(645頃~710頃)の古瓦「八葉素弁蓮華文軒丸瓦」、「六葉素弁蓮華文軒丸瓦」、「八葉複弁蓮華文軒丸瓦」などが出土しており、言い伝えられている法勲寺建立年代よりもっと昔からそこに存在していたと考えられる。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-18.jpg" alt="sarureo6-18.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br>※現在の真宗興正派 讃王山 法勲寺<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-4.jpg" alt="sarureo7-4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>※<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-201.html#koukenji" target="_self">高松市錦町にある弘憲寺</a><br><br>その後、法勲寺は廃れ、什宝等は皆島田寺に移されたが、天正年間兵火に罹ったとある。天正15年(1580年)に生駒親正が讃岐の国主になった際、法勲寺の荒廃した姿を見て、島田寺の住職良純に法勲寺を兼務させることとなった。親正の没後、二代目一正公が法勲寺を高松に移し、名を弘憲寺とした。元の法勲寺が高松に移った後は(1603年頃)小堂が建てられ、昔の名残をとどめていたようだが、無住の時もあったようである。<br><br>宝暦・明和(1751~72)の頃の記録によると、繁昌院とあるが、のちに「石の塔のお薬師さん」で信仰されていたそうだ。<br>大正12年(1922)に改築、多少面目を改め、その後新居ヤノにより現在の本堂に改築された。<br>昭和23年、宗教法人真宗興正派「法勲寺」として再興された。<br><br>桑島さんの話によると、現在檀家はないが、住職さんが住まわれているとのことだ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-19.jpg" alt="sarureo6-19.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>昔、現在の法勲寺の少し南の田んぼの中にあった石の塔を、今の法勲寺敷地内に移動させたもの。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-10.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-10.jpg" alt="sarureo6-10.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王神社拝殿内に飾られている、田んぼの中に石の塔が建っていた当時の写真(右の額)<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-20.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-20.jpg" alt="sarureo6-20.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>昔の薬師堂跡の礎石。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-21.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-21.jpg" alt="sarureo6-21.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>藥師堂再建記念碑。<br><br>「第十二代景行天皇の御代、大和朝廷より讃岐の国造として派遣されて、この国を治めた王子(讃留霊王)の墳墓の地に王の子孫が代々繁栄し、これらの家の氏寺として創建されたのが法勲寺である。県内でも最も古いお寺の一つであり、七堂伽藍を備えた大寺でもあった。<br>時が移り弘法大師がこの寺を再興された折、薬師の像を造ると記されており、薬師如来をご本尊としている。<br>以来、幾星霜を重ね悠久の歴史の中で盛衰を繰りかえし昭和二十三年 宗教法人真宗興正派法勲寺として代々地域の人々から石の塔の有難いお薬師様として長く信仰されて現在に至っている。」とある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-28.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-28.jpg" alt="sarureo6-28.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>現在の藥師堂。<br><br><br><div id="tamanoi"></div><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-17.jpg" alt="sarureo6-17.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>「讃岐国名勝図会」に記述のある、讃留霊王神社にお供えする湧き水が湧いていた「玉ノ井」。<br>現在は枯れて土に埋もれてしまっているが、桑島さんの子供の頃にはまだ水が湧いていたそうだ。<br>青い部分は桑島さんの子供の頃水が湧いていた部分。湧いた水は、矢印の方向に小川となって流れ出ていたそうだ。<br><br>「讃岐名勝図会」より玉乃井の項一部抜粋<br>”讃王明神御供水にて名水なり。これによりむかしは玉井村とのいひしが、数多の星霜を経けるによりて跡方なくなりなんとせしを、当村東次・宇助・多次郎の三人、その地を清浄になして旧を存せり”<br><br>この辺りは土器川の伏流水がよく湧き出る場所でもあり、先述の三名はそこを後世に残すべき神聖な場所としてきれいに整えたということだろう。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-2.jpg" alt="sarureo6-2.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王神社拝殿内に飾られている昔の玉ノ井の写真。泉の側の楠木もまだ枯れていない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-29.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-29.jpg" alt="sarureo6-29.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>楠木の根本に礎石が見えている。(桑島さんの指差す方向)<br><br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料と、ご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/202/clap" id="fc2button-clap-202" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-202").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/202/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-202.html" data-text="8.讃留霊王神社と古代法勲寺" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-202.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-202.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <br /> <script type="text/javascript"> var microadCompass = microadCompass || {}; microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; </script> <script type="text/javascript" charset="UTF-8" src="//j.microad.net/js/compass.js" onload="new microadCompass.AdInitializer().initialize();" async></script> <div id="61fadae65ccc9cdf631a914bf9dc5763" > <script type="text/javascript"> microadCompass.queue.push({ "spot": "61fadae65ccc9cdf631a914bf9dc5763" }); </script> </div><br /> <div id="e0e40efcb87c4da3987ac7e89d1e9ac5" > <script type="text/javascript"> microadCompass.queue.push({ "spot": "e0e40efcb87c4da3987ac7e89d1e9ac5" }); </script> </div><br /> <div id="6e7118bae37054cf68dff9b48a8eee08" > <script type="text/javascript"> microadCompass.queue.push({ "spot": "6e7118bae37054cf68dff9b48a8eee08" }); </script> </div> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
201

7.その他の讃留霊王ゆかりの神社、史跡など

■讃留霊王の墓綾川町陶にある讃留霊王の墓といわれる小さな古墳。ただ、江戸時代の古書「讃岐国名勝図会」にはこう書かれてある。「阿野郡南陶八幡社後に霊王の御廟なりとて、石を塁みて真の遺跡なりと言い来れど、そは後人の造れるにて、真の遺跡にあらず。霊王は当郡主なれば、なんぞ凡人の墳墓にひとしきことあらんや。『南海通記』に、霊王を綾の曠原に葬るなど記せるは、香西資成が誤りにて、身みづから一見して真偽を弁へざ... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-7.jpg" target="_blank" name="koukenji"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-7.jpg" alt="sarureo6-7.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>■讃留霊王の墓<br>綾川町陶にある讃留霊王の墓といわれる小さな古墳。<br>ただ、江戸時代の古書「讃岐国名勝図会」にはこう書かれてある。<br><br>「阿野郡南陶八幡社後に霊王の御廟なりとて、石を塁みて真の遺跡なりと言い来れど、そは後人の造れるにて、真の遺跡にあらず。霊王は当郡主なれば、なんぞ凡人の墳墓にひとしきことあらんや。『南海通記』に、霊王を綾の曠原に葬るなど記せるは、香西資成が誤りにて、身みづから一見して真偽を弁へざるゆえなり。よりて今誤りを訂正して不朽に備えり。霊王は日本武尊の御子にて、尊とともに南海の賊大魚を退治せしによりて尊、功を霊王に譲りたまえり。これによりて当国阿野郡を封ぜしかば、鵜足郡玉井の里に宮造りして、行成・重成・守邦・守郷の4人の臣に政事を任せ、民の辛苦をとひたまひしとぞ。」<br><br>簡潔に訳すと、この墓は讃岐の郡主という、力を持った存在であった讃留霊王の墓ではない。南海通記に香西資成が讃留霊王は綾川辺りの原野に葬られたと書いているが、それは誤りであり、讃留霊王は玉井の里(讃留霊王神社東側、古代法勲寺があった辺り)に居を構えていた、ということになる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-6.jpg" alt="sarureo6-6.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>この讃留霊王の墓と言われる小さな小石を盛り上げて作られた墓は、綾川町は北条池の東の堤の上にある。<br>周囲には田畑と林が広がっており、自然豊かで非常に明光風靡な場所だ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-5.jpg" alt="sarureo6-5.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>木でつくられた鳥居と「讃留霊王の墓」と書かれた石柱もある。<br><br><br><br>■亀山神社境内 皇子神社<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-11.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-11.jpg" alt="sarureo6-11.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>丸亀市飯山町久米寺にある亀山神社境内にある皇子神社。<br>神社の合祀祭神として「讃留霊王之王子」と飯山町誌に記載されている。<br>元は神社北西の大束川にかかる我楽橋の近くに祠があったのが、こちらに移動されたそうだ。<br><br><br><br><br>■讃王神社<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-12.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-12.jpg" alt="sarureo6-12.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>丸亀市飯山町姿谷にある讃王神社。亀山神社の境外末社。祭神・讃留霊王。<br>楠見池の北東の小高い場所にある。<br>飯山町誌によると、「当社は王(建貝児王・讃留霊王)の嫡妻であって其の鏡を以て廟主とした。依って地名を姿見と称し、今姿谷と言うのはその訛りであると言う。戦国の世廟を訪う者なく、廃亡し後に再建したと言う」とある。<br><br><br><br><br>■垂水神社境内末社 讃留霊王社<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-13.jpg" alt="sarureo6-13.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>丸亀市垂水町にある垂水神社内にある讃留霊王社。<br>この小さな祠は本殿裏の楠木の大木の傍らにひっそりとある。<br><br>昔この場所に松が三本あり、この松は常に枝や葉から水を滴らせていたので、日本武尊の子の武貝児王がその様子をみて、不思議に感じ、この場所に水の神をまつったことが神社の始まりだと社伝にある。<br>この辺りは今でも土器川の伏流水がよく湧き出る場所である。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-14.jpg" alt="sarureo6-14.jpg" width="600" height="800" border="0" /></a><br><br><br><br><br>■岡田神社<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-8.jpg" alt="sarureo6-8.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>丸亀市綾歌町岡田にある岡田神社は讃留霊王が創建の祖と言われている。<br>石碑に「武卵王は讃留霊王として讃岐国を治め、当地の鎮護神として当社を創祀したと伝えている」とある。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-9.jpg" alt="sarureo6-9.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br><br><br><br><div id="koukenji"></div>■弘憲寺境内 讃留霊王神社<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-1.jpg" alt="sarureo7-1.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>高松市錦町にある弘憲寺境内にある讃留霊王神社。<br>弘憲寺は讃留霊王神社の東側にあった<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-202.html#houkunji" target="_self">古代法勲寺</a>が、慶長8年に生駒親正の墓上に移されたものである。<br>讃留霊王の掛け軸などが所蔵されている。讃留霊王の掛け軸の写真は桑島さんが自費で作成されたパンフレットの画像の左端の画像がそれである。<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_hyousi1.jpg" target="_blank" title="パンフレット表面の画像はこちら">パンフレット表面の画像はこちら</a><br><a href="http://angelsgarden25.blog78.fc2.com/blog-entry-178.html" target="_blank" title="桑島さん作成のパンフレット全画像はこちら">桑島さん作成のパンフレット全画像はこちら</a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-2.jpg" alt="sarureo7-2.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>小さい社には綾川の酒造メーカー「綾菊」のお酒が備えられていた。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo7-3.jpg" alt="sarureo7-3.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>弘憲寺にある境内案内図。<br><br><br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料と、ご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/201/clap" id="fc2button-clap-201" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-201").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/201/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-201.html" data-text="7.その他の讃留霊王ゆかりの神社、史跡など" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-201.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-201.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
200

6.地蔵寺の讃留霊王伝説

志度町江の口に地蔵寺というお寺がある。地蔵寺は四国八十八箇所靈場 八六番札所 志度寺の奥の院であり、志度寺から西に700メートルくらいのところにある。この寺に伝わる讃留霊王伝説では、倭健命の子どもの霊子が悪魚を退治し、たどり着いたのが志度の海岸となっており、地元の人が悪魚の祟りを恐れ、地蔵菩薩を祀ったのが、地蔵寺(魚霊堂)のはじまりだと伝えられている。また地蔵寺のあるこの場所が「江の口」と呼ばれている... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-1.jpg" alt="sarureo8-1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>志度町江の口に地蔵寺というお寺がある。<br>地蔵寺は四国八十八箇所靈場 八六番札所 志度寺の奥の院であり、志度寺から西に700メートルくらいのところにある。<br>この寺に伝わる讃留霊王伝説では、倭健命の子どもの霊子が悪魚を退治し、たどり着いたのが志度の海岸となっており、地元の人が悪魚の祟りを恐れ、地蔵菩薩を祀ったのが、地蔵寺(魚霊堂)のはじまりだと伝えられている。<br><br>また地蔵寺のあるこの場所が「江の口」と呼ばれているのは、「えの魚」の口を葬ったことに由来するそうである。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-3.jpg" alt="sarureo8-3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-2.jpg" alt="sarureo8-2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>地蔵寺境内、地蔵堂の前には地蔵寺に伝わる讃留霊王伝説の看板がある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo8-4.jpg" alt="sarureo8-4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>地蔵寺地蔵堂。<br><br><br><br>■地蔵寺パンフレット<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizoup1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizoup1.jpg" alt="jizoup1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizoup2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizoup2.jpg" alt="jizoup2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizou3.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizou3.gif" alt="jizou3.gif" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizoup4.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jizoup4.gif" alt="jizoup4.gif" border="0" width="800" height="600" /></a><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/200/clap" id="fc2button-clap-200" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-200").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/200/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-200.html" data-text="6.地蔵寺の讃留霊王伝説" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-200.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-200.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
199

5.讃留霊王神社と香西浦との関係

讃留霊王神社拝殿前には香西浦からの献納金の石碑が五基立っている。桑島さんは香西浦からの石碑がなぜ讃留霊王神社境内にあるのか、その道に詳しい方から理由をきいたそうだ。石碑に刻まれた日付は、明治十三、三十三、三十六年だが、その当時、香川と岡山で漁場闘いがあり、裁判になっていたそうである。その時、香西浦に残る讃留霊王の悪魚退治伝説が根拠となり、香川が裁判に勝ったのではないかということだそうだ。それ故に香... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-3.jpg" alt="sarureo4-3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>讃留霊王神社拝殿前には香西浦からの献納金の石碑が五基立っている。<br>桑島さんは香西浦からの石碑がなぜ讃留霊王神社境内にあるのか、その道に詳しい方から理由をきいたそうだ。<br><br>石碑に刻まれた日付は、明治十三、三十三、三十六年だが、その当時、香川と岡山で漁場闘いがあり、裁判になっていたそうである。その時、香西浦に残る讃留霊王の悪魚退治伝説が根拠となり、香川が裁判に勝ったのではないかということだそうだ。それ故に香西浦から讃留霊王神社に献納金があったのだろうとのことだった。<br><br>明治十三年の拝殿前の南側石碑には幣殿屋根葺替とあり、讃留霊王神社幣殿の基台また長石の石破寄付人名と、明治十三年庚辰五月吉日の刻銘がある。これを棟札の日付と照らし合わせて考えるに、幣殿は明治十三年十二月に落成と考えられる。<br>また北側右端石碑には、明治三十三年当社社伝建築寄付人とあるが、こちらは拝殿の建築のことだろうと桑島さんは推測している。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-3.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-3.gif" alt="sarureo4-3.gif" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-2.jpg" alt="sarureo4-2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo4-1.jpg" alt="sarureo4-1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br>以下は香西浦との関係の元になったと言われる伝説である。<br><br>「高松市香西町漁業史傳における悪魚退治伝説」<br><br>人皇第十二代景行天皇二十四年當獵場大槌小槌の南に大惡魚棲みて、たびたび会場通行の船を呑む。<br>天皇の皇子日本武尊の御子讃留靈王大魚胎児の勅を奉じ、三月より彌退治の御用意をなし、御臣下召し寄せ御評議、色々工夫の上始めて網と言うことを編出し、香西浦漁夫御用にて罷出で木澤浦、明星の濱に於いて網仕立てにかかり、夜に入り明松を以て網を縫立つ。木澤浦の名是によって生ず。<br>明星は明松の頭字を取って名づけたりと。<br>右の網萬々仕立て揚り木澤より網卸し、香西浦漁夫一命限りに相働き、漸く二十五年五月五日惡魚を引揚げ西楫東楫艪網<br>石舳網石讃王左右として阿野郡福江浦へ漕寄せ惡魚の屍を埋め小社を建つ。是則ち坂出の魚御堂なり。<br>親王従臣八十人惡魚の毒氣の為に死す。<br>名水有って八十人蘇生す。その因縁を以て、その名水を八十活の水と言う。<br>又香西浦漁夫も惡魚のため十餘人退治の場にて相果たれば、退治の後讃王御感の餘り御褒美として即ち網を給はり、尚網代の義は瀬居島海獵場御免許となり、彼の網を以て鯛網當浦に於いて初めて使用さる。<br>因って香西鯛網は當國は勿論國網の元祖にして、是れより追々諸網開く。<br>今に至り鯛網木澤浦より網卸を賀すは、往昔惡魚退治の時、彼浦に於いて網を縫立て、木澤より卸せし故、昔の因縁を繼ぎしものにして、鯛網を鯛網桂と言うは昔網開くとき山の桂結合せ魚追い集めたる故、後に至り世開けて苧を以て網に改るも「カヅラ」と言うなり。又鯛網の主を宮君と言うは勿體なくも景行天皇の孫讃王始めて成されたる網故なりと申傳ふる等は、武殻王と香西の關係を裏書するものなり。<br>(香西浦漁業史抜粋)<br><br>※木澤浦…坂出市王越町木沢 <br>※阿野郡…坂出市福江町辺り <br>※魚御堂…坂出高校校庭南西隅に魚御堂址の石碑あり <br>※八十活の水…坂出市西庄町八十場の冷泉(八十場のトコロテン)<br><br><br>【概訳】<br>西暦95年頃、景行天皇の時代に瀬戸内海の大鎚島、小槌島の周辺に大きな魚が住んでおり、海を行き交う船を度々飲み込んでいた。景行天皇の息子である日本武尊の息子の讃留霊王は、天皇より悪魚退治の命を受け、3月よりその準備にかかった。臣下を集めて話し合い、網で捕えようということに決まった。そこで香西浦の漁民達が呼び出され、木沢浦の明星の浜で網を仕立てにかかった。夜になると松明を灯して網を作った。木沢浦の名前はここから生まれた。(山で木に巻き付いて育つ、つる植物のカヅラがたくさん取れる、山間の沢であったことに由来か?)明星の浜の名も夜に松明を燃やしたことから名付けられた。<br>やがて網が完成し、木沢浦から網をもって船出し、香西浦の漁民達は讃留霊王とともに命をかけて戦った。西暦96年5月5日にようやく悪魚を退治し、西や東へ、右や左に舵を取りながら。坂出市の福江浦に到着した。そこで魚の死体を埋め、その場所に小さな社を建てた。<br>この社は魚見堂と呼ばれた。<br>80人の部下達は魚の毒気にあたって死んでしまったが、その場所には清らかな湧き水があり、その名水を飲んで部下たちは生き返った。<br>そのことからその湧き水は八十活の水(八十場の名水)と呼ばれるようになった。<br>香西浦の漁夫たちも十数人程が悪魚退治で亡くなってしまった。讃留霊王は褒美として漁民達に網と瀬居島周辺を漁場とする権利を与えた。またそこでその網を使った鯛網が初めて行われた。<br>香西浦の鯛網は鯛網の元祖として、その後は周辺地域にも広まっていった。<br>今でも鯛網の際は木沢浦より網を卸すのはこの伝説によるものであり、鯛網を鯛網桂というのは山に生えるカヅラを編んで網を作ったことに由来し、後の世になり麻(カラムシ)を使って網を編むようになっても、今尚以前の名を留めている。また鯛網の主が宮君と呼ばれるのも、景行天皇の孫である讃留霊王にちなんでのことである。讃留霊王の悪魚退治伝説こそは、香西浦と讃留霊王の関係を裏付けるものである。<br><br><br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料とご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/199/clap" id="fc2button-clap-199" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-199").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/199/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-199.html" data-text="5.讃留霊王神社と香西浦との関係" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-199.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-199.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
198

3.讃留霊王に関する伝説

■讃留霊王の悪魚退治伝説郷土の発展につくした人々 『香川の先人たち』 (株)光文書院 より以下抜粋景行天皇の時代の頃のことです。土佐国に、エビのような形をした大きな魚があらわれて、人間をのむやら、船をのむやらして暴れまわり、人びとをおそれさせていました。驚いた景行天皇は、なんとかしなければと思い、軍隊まで出して悪魚を退治しようとしました。ところが、反対に全員がその悪魚に食べられてしまい、どうするこ... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-13_20220126164449949.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-13_20220126164449949.jpg" alt="sarureo1-13_20220126164449949.jpg" border="0" width="932" height="671" /></a><br><br>■讃留霊王の悪魚退治伝説<br><br>郷土の発展につくした人々 『香川の先人たち』 (株)光文書院 より以下抜粋<br><br>景行天皇の時代の頃のことです。土佐国に、エビのような形をした大きな魚があらわれて、人間をのむやら、船をのむやらして暴れまわり、人びとをおそれさせていました。驚いた景行天皇は、なんとかしなければと思い、軍隊まで出して悪魚を退治しようとしました。ところが、反対に全員がその悪魚に食べられてしまい、どうすることもできません。困った天皇は、その頃一番武勇にすぐれていた日本武尊に、<br>「土佐国へ早く行って、悪魚をやっつけ、人びとを安心させなさい」<br>と命じました。命令を受けた日本武尊は、天皇につぎのように答えました。<br>「私の子どもに霊子という十五才になる息子がいます。その仕事を、どうかその霊子にお命じください」<br>天皇はたいそう喜び、霊子に悪魚退治の役をを命じました。<br>霊子は大急ぎで準備をすると、十日間で土佐国へ着き、大魚を探しました。しかしその頃大魚は、阿波国の鳴門を泳いでいました。<br>景行天皇二四年三月一日、さらに讃岐国の大鎚島・小槌島辺りまでやってきた大魚は大槌島の近くで船を襲い、船もろとも貢物までのんでしまいました。<br>その知らせを聞いた霊子は、急いで讃岐国へ向かいます。四月三日、讃岐へ着くと、戦いのための船を作りました。兵士も1000人ほど集め、着々と戦いの準備を進めていきました。<br>そして五月五日、いよいよ戦いの日はやってきました。大魚あらわれるの知らせに、軍船は瀬戸内海をこぎ進みます。大魚は海を自由に泳いで戦いにいどんできます、いくたびか軍船と大魚はぶつかり合い戦いました。ついに軍船は大魚の口の中に呑み込まれてしまったのです。魚の腹の中へのみこまれた兵士たちは、死んでいるかのようにぐったりしていますが、まだかすかに息をしています。そして、十日十夜が過ぎました。そんな中で霊子だけは元気でした。<br>「どうしたらこの大魚をやっつけられるだろう」<br>考えた末、霊子は腹の中で火を燃やしました。さすがの大魚もこれにはかないません。海中でもがき苦しみ死んでしまいました。霊子は、この時とばかり刀を抜いて、魚の腹を切り裂いて外へでました。五月の太陽がまぶしく瀬戸の波を光らせています。霊子の乗った大魚の死体は、波に流されて福江の浜(坂出市福江町)につきました。<br>すると突然その浜に一人の子どもがあらわれて霊子にかめに入ったきれいな水を無言で差し出しました。霊子は一口飲んで、その甘くておいしいことに驚きました。<br>「あなたは神様の子どもですか?このおいしい水はどこにあるのですか?」<br>「私の庭にある泉の水です」<br>「どうか私をその水のあるところへ案内してください。その水をいただいて、魚の腹の中で死んだようにいる兵士たちに飲ませて、生き返らせてやりたいのです」<br>そして、霊子がその水を魚の腹の中で横たわっている兵士たちに飲ませると、どうしたことでしょう。不思議なことに、みるみるうちに全員が生き返って、元気になりました。<br>さっそく悪魚を退治したことを天皇に伝えた霊子は、その功績によって、城山に自分の館を作って、讃岐に住みつくことになりました。兵士たちもそれに従い、霊子のことを讃留霊王とよぶようになったということです。<br><br>郷土の発展につくした人々 『香川の先人たち』 (株)光文書院 より抜粋<br>神話・いいつたえの中で生きている武殻王(讃留霊王)<br>監修・角 節郎(香川大学教授) 編著・香川県郷土史研究会<br><br>「讃岐の悪魚退治の伝説」原本漢文(数種類あり)<br>【讃留霊公胤記略】豊原本又一名道隆寺本、巻末に天暦三年の記有り<br>【讃留霊公胤記】嶋田寺本又一名琴平本、天暦三年法勲寺の公蓮之続傅記等、引用と有り、享保二十年三月の記有り<br>【讃留霊公胤記・異本讃霊記】中尾本<br>【讃留霊公胤記・讃岐大日記】玉藻集本又讃岐大日記文<br>【讃留霊公胤記・全讃史】中山本但し全讃史文<br><br><br><br>讃留霊王の悪魚退治伝説は本居宣長の「古事記伝」の中で紹介されている。簡単に一部要約するとこうなる。<br>「讃岐の国の鵜足郡に讃留霊王を祀った祠がある。その国の讃留霊記という古書には、倭健命(日本武尊)の御子が海で暴れまわっていた大魚を退治し、讃岐の国主となり、讃留霊王と呼ばれるようになった。また讃留霊王は綾氏、和気氏の祖である。またその人物は倭健命の子以外に、景行天皇の御子の神櫛王、大碓命とも言われている、と書かれている」<br><a href="https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920821/173" target="_blank" title="古事記伝抜粋">原文はここをクリック</a><br><br>讃岐には讃留霊王の悪魚退治伝説を書いた古書が幾つかあり、悪魚を退治した人物も倭健命の子の武殻王の説以外に、倭健命自身や、倭健命の兄弟の神櫛王とする説もある。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-8.jpg" alt="sarureo5-8.jpg" border="0" width="800" height="510" /></a><br><br>↑日本武尊、悪魚を退治す 「金毘羅参詣名所図会」より<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-4.jpg" alt="sarureo5-4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>坂出市福江町にある横潮神社。悪魚を退治したあと、弱った兵士たちに与える水をもって童子の姿で現れたのが横潮の神と言われている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-2.jpg" alt="sarureo5-2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>横潮神社に置かれているこの看板には讃留霊王伝説がかかれている(縦に長い看板なので、上半分と下半分に分けて載せています)<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-3.jpg" alt="sarureo5-3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>横潮神社境内の日本武尊神社。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-5.jpg" alt="sarureo5-5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>讃留霊王が神様にもらった水を兵士に飲ませて生き返ったといわれるのが八十場の水。<br>こちらは現在の八十場の清水の様子。写真左側に八十場の清水が見えている。ところてんを売っている右側の天井付近に飾られている額は、桑島さんが寄付した讃留霊王伝説などの額。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-9.jpg" alt="sarureo5-9.jpg" border="0" width="800" height="532" /></a><br><br>↑武殻王、賊の毒矢に傷れしを療するの圖 「讃岐国名勝図会」より<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-67.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-67.jpg" alt="sarureo5-67.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>こちらは坂出高校敷地内にある「魚御堂跡」の石碑。悪魚が退治されたあと、魚の怨念が里人を苦しめたので、それを鎮めるために行基が建てたと言われる。<br><br><br><br><br>■讃留霊王の矢塚<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-1.jpg" alt="讃留霊王神社矢塚" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>讃留霊王神社の境内に、古い古い小さな石の祠が祀られています。これは、讃留霊王の矢塚と呼ばれ、昔々讃留霊王さんが、城山の頂上から放った矢が突き刺さった「石」であると言い伝えられています<br>瀬戸内海の悪魚を退治した「武殻王(たけかいこおう)」はその後、讃岐に留まり城山に館を作り住んでおられましたが、「海の見えない、もっと静かなところへ、移り住みたい」と思っていました。<br><br>今日も城山の頂上に立って、「どこがいいかなあ」と周りを見回していましたが「そうだ、そうだ」とポンと手を打ち、急いで館に引き返しました。いいことを思いついたのです。<br><br>讃留霊王さんはたくさんの弓を持っていました。その中でも一番大切にしている、大きく強くりっぱな弓を持って頂上に立ちました。頂上に立った讃留霊王は、その弓に立派な矢をつがえ、力いっぱい引き放ちました。放たれた矢は、南へ南へとぐんぐん飛んでいき、とうとう見えなくなりました。<br>「この矢の落ちたところを、今度の屋敷に決めそこに移り住もう」<br>讃留霊王さんは何日も何日も矢を探し、城山の南の地でやっと見つけました。土手の草むらの中にあるきれいな石に、矢は突き当たっていました。<br>(そこは、今の飯山南小学校から西へ百メートル程寄った、上法軍寺と下法軍寺の境になる田んぼの土手の草むらの中でした)<br>讃留霊王さんは、石を突き刺している矢を大事に抜き取りました。<br>「これこそ城山の頂上から放った私の矢に間違いない」<br>矢を持った讃留霊王は、そこに立ちまわりを見回しました。東にこの矢を放った城山が見えます。南に象頭山の山並み、西に善通寺の山々、北にひときわ高くそびえたつ飯野山。これらの山々に囲まれた広々と静かなこの土地がすっかり気に入った讃留霊王は「ここがいい、ここに決めよう」と思い喜びました。ところがよくよく見ると、飯野山のはるか向こうにかすかに海が見えます。瀬戸内海です。<br>「ここはいかん、海の見えるところはすかん」<br>と少し北へ寄った海の見えない、今の法勲寺のあるところを屋敷にすることに決め、そこに館を建て住むことにしました。<br>矢の突き刺さった石は、まわりをきれいに整え、ずっと長い間、その場に大事にお祀りされてきました。いつからともなく、人々はこの石を讃留霊王の矢塚と呼ぶようになりました。<br><br>ところがその後、近年になり、この矢塚の側の道路を広げる工事をすることになりました。この矢塚をどこかほかの場所に移さなければなりません。周辺の人々はみんなで矢塚をどこに移すかいろいろ考えていました。ところがある晩、村の長老の夢枕にたって「矢塚」が言いました。<br>「あたしは讃留霊王さんのそばに行きたい。どうか、讃留霊王さんのそばへ連れて行ってください。お願いします」<br>そこで矢塚を讃留霊王神社の境内に移し、しめ縄を張り、お供え物を欠かさず、近くの人々の手によって、今も手厚くねんごろにお祀りされています。<br><br>飯山町・讃王会・平成元年九月十五日・伝説纏め<br><br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料とご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/198/clap" id="fc2button-clap-198" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-198").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/198/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-198.html" data-text="3.讃留霊王に関する伝説" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-198.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-198.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
197

4・国有形文化財登録された讃留霊王神社

平成29年11月17日、国の文化審議会は讃留霊王神社の玉垣、幣殿、鳥居など3件を国の有形文化財に登録するよう文部科学相に答申し、平成30年3月27日に国登録有形文化財に登録された。報告資料は香川文化遺産保全技術者の方が作成された。↑ 新聞に掲載された当時の記事(クリックして拡大)文化財登録の基準は、① 国土の歴史的景観に寄与しているもの② 造形の規範となっているもの③ 再現することが容易でないものとなっており、讃留... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news5.jpg" alt="news5.jpg" width="100%" border="0" /></a><br><br>平成29年11月17日、国の文化審議会は讃留霊王神社の玉垣、幣殿、鳥居など3件を国の有形文化財に登録するよう文部科学相に答申し、平成30年3月27日に国登録有形文化財に登録された。報告資料は香川文化遺産保全技術者の方が作成された。<br><br><table width="100%" cellspacing="1" cellpadding="10" border="0"><tbody><tr><td><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news3.jpg" alt="news3.jpg" width="100%" border="0" /></a></td><td><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news4.jpg" alt="news4.jpg" width="100%" border="0" /></a></td><td><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news6.jpg" alt="news6.jpg" width="100%" border="0" /></a></td><td><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/news2.jpg" alt="news2.jpg" width="100%" border="0" /></a></td></tr></tbody></table>↑ 新聞に掲載された当時の記事(クリックして拡大)<br><br>文化財登録の基準は、<br>① 国土の歴史的景観に寄与しているもの<br>② 造形の規範となっているもの<br>③ 再現することが容易でないもの<br>となっており、讃留霊王神社の「幣殿」は上記基準の②、「鳥居」と「玉垣」は上記基準の①に該当した。<br><br>讃留霊王神社幣殿:明治13年<br>讃留霊王神社玉垣:天保9年頃、明治13年増設<br>讃留霊王神社鳥居:文政13年<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-14.jpg" alt="sarureo2-14.jpg" width="800" height="521" border="0" /></a> <br>↑ 登録有形文化財のプレート。プレートは宮司さんが保管している。<br><br><br><br>■讃留霊王神社幣殿<br>登録番号第37-0428号 讃留霊王神社幣殿一棟<br>登録の基準②「造形の規範となっているもの」<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-2.jpg" alt="sarureo2-2.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>寛保二年(1742年)創建(現存棟札:寛保貮壬戌年五月吉良日) 入母屋造平入 一間社 檜皮葺き(銅板仮葺)<br>背後側にも「桟唐戸」を設ける点が特徴。背後の古墳をご神体とする全国的に珍しい神社。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-9.jpg" alt="sarureo2-9.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-6.jpg" alt="sarureo2-6.jpg" width="800" height="401" border="0" /></a><br><br>現存棟札写真(宮司保管)<br>右から<br>●造立讃王大明神 寛保貮壬戌年四月吉良日(1742年)<br>●幣殿 延享四年丁卯四月吉良日(1747年)<br>●檜皮葺き替え 文政六年未七月吉祥日(1823年)<br>●幣殿 文政九年戌七月日(1826年)<br>●幣殿 天保九年戊戌四月吉良日(1838年) ※玉垣の北西親柱に刻印がある吉馴利平太の名前が棟札にもある<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-13.jpg" alt="sarureo2-13.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>明治13年(1880年)に再建。棟札は残っていないが、幣殿基台長石に次のような刻銘がある。<br>「明治十三年庚辰五月吉日 石場寄付人 當所 古竹庄蔵・白川比佐吉」<br>名前の人物が、幣殿建て替えの際に台石を寄付したとある。<br>このことから幣殿は明治十三年に建て替えられたことが分かる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-21.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-21.jpg" alt="sarureo2-21.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>幣殿の懸魚は鯉の滝登り(讃留霊王神社独特の彫刻)、拝殿の懸魚彫刻は「松に鷹」。 <br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-18.jpg" alt="sarureo2-18.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>秋祭りの日に奥の桟唐戸が開き、古墳に眠る御霊を迎え入れるようになっている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-25.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-25.jpg" alt="sarureo2-25.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>秋祭りの時の幣殿内部の様子。<br>中殿から幣殿を拝す。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-26.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-26.jpg" alt="sarureo2-26.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>幣殿裏の開かれた桟唐戸から御神体である古墳が見えている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-20.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-20.jpg" alt="sarureo2-20.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王古墳がご神体である為に、幣殿背面側に桟唐戸が設けられている。<br>桟唐戸は折れ戸式四枚障子で美しい彫刻が施されている。<br><br>折れ戸式四枚障子の彫刻は左から「慈姑」「菊」「牡丹」「菖蒲」<br>幣殿裏面北側(向かって左側)の脇障子の彫刻は「天向雲中の昇り龍」<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-19.jpg" alt="sarureo2-19.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>幣殿裏面南側の脇障子の彫刻は「深山幽谷岩場の虎」<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-24.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-24.jpg" alt="sarureo2-24.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>幣殿正面扉閉め姿(通常時)<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-27.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-27.jpg" alt="sarureo2-27.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-28.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-28.jpg" alt="sarureo2-28.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>幣殿表正面扉の扇垂木と周囲四面に施された彫刻。<br>天井の中は栂材の丸太で組まれている。<br><br><br><br><br><br><br>■登録番号第37-0429号 讃留霊王神社玉垣一基<br>登録の基準①「国土の歴史的景観に寄与しているもの」<br>讃留霊王神社古墳の墳頂部を方形に画し、東正面を開き、幣殿との間を通路上に結ぶ特徴的構成。創建:天保9年頃(1838年)<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-22.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-22.jpg" alt="sarureo2-22.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>桑島さんと玉垣<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-16.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-16.jpg" alt="sarureo2-16.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-10.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-10.jpg" alt="sarureo2-10.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>玉垣の北西親柱に「寄進 吉馴利平太」の刻銘がある。<br>神社所蔵の天保9年の棟札にも吉馴利平太の名があることから、玉垣も幣殿と同時期、天保9年頃にできたと推測される。<br>「吉馴利平太」の名前は以下の江戸時代の古書「讃岐国名勝図会」の中にもある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-33.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-33.jpg" alt="sarureo2-33.jpg" width="1362" height="905" border="0" /></a><br>※クリックで拡大<br><br>ここに描かれている古墳上部の玉垣は四角に囲われており、通路状玉垣はまだない。<br>右下には「吉馴氏宅」の文字も見える。東正面鳥居は1830年、幣殿と玉垣は1843年に完成したので、この絵は1843年以降に描かれたことが分かる。<br><br>「讃岐国名勝図会」より讃王大明神の項一部抜粋<br>”祭神、讃留霊王(社後に廟あり)<br>社記曰く当社は桓武天皇御宇、神託によりて和気氏宮社を造立し、崇信し奉る。安原氏これを長く崇祭す。社後に土を築きて御廟あり。皇帝の御陵のごとし。(中略)<br>爾以来、折々御陵鳴動あり。天保の頃しばしば鳴動ありしは里正吉馴利平太、社司安原左門と相計りて、官に申して九年三月十五日祈祷せしかば、鳴動やうやく止まり、これにより毎年三月十五日、諸人数多当社へ群集なせり”<br><br>この御廟は元々時に鳴動することがあったが、天保の頃しばしば鳴動することがあったので、里正吉馴利平太、社司安原左門が相談して祈祷を行ったところ、鳴動がおさまった。祈祷を行った年も、幣殿・玉垣が完成した年も同じ天保9年である。それ以来、旧暦の3月15日が讃留霊王神社の春まつりとなったが、現在は4月中のいずれかの土日に変わっている。<br><br>天保9年頃は天保の大飢饉の只中であり、太陽活動の低下による小氷期でもあり、世界的に火山活動も活発だったため、地震も時々起こっていたのかもしれない。そこから古墳が鳴動した、ということになったのかもしれない。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-32.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-32.jpg" alt="sarureo2-32.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>現在の玉垣は古墳頂部を花崗岩の石柱が方形に囲う形となっているが東正面は開かれ、幣殿と古墳を通路状に結ぶ特徴的な形となっている。<br><br>東の開かれた部分から幣殿に通じる通路状の部分は、明治13年、幣殿の再建の際に増設されたと推定される。通路上玉垣に向かっての古墳正面の左右には注連柱(しめばしら)があり、これも通路上玉垣と同時期に建立されたと考えられる。刻銘は右注連柱が「此古墳者所綾公遠祖武殻王矣」、左注連柱が「王即景行帝皇孫日本武尊之子也」<br><br><br><br><br><br><br><br>■登録番号第37-0430号 讃留霊王神社鳥居一基<br>登録の基準①「国土の歴史的景観に寄与しているもの」<br>境内東の正面参道に建つ石造りの明神形式の鳥居<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-1.jpg" alt="sarureo2-1.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>鳥居の右側には文政十三年、左側には寅九月十五日(裏)惣氏子中の刻銘がある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-3.jpg" alt="sarureo2-3.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>また、鳥居の前には二基の石灯籠があり、その内、右側の灯籠の台石には江戸時代の古書「讃岐名勝図会」にある3名(東次・宇助・多次郎)の人物の名が刻印されている。<br><br>「讃岐名勝図会」より<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-202.html#tamanoi" target="_self">玉乃井</a>の項一部抜粋<br>”讃王明神御供水にて名水なり。これによりむかしは玉井村とのいひしが、数多の星霜を経けるによりて跡方なくなりなんとせしを、当村東次・宇助・多次郎の三人、その地を清浄になして旧を存せり”<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-17.jpg" alt="sarureo2-17.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>神社正面より撮影。<br><br><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-31.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-31.jpg" alt="sarureo2-31.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>拝殿前の狛犬の台座には「吉馴権内政嗣」の名が刻まれているが(写真右)、これは天保9年の幣殿建替えの棟札、及び、玉垣北西親柱に名のある「吉馴利平太」の父親だそうである。<br>また、拝殿前、香西浦献金石碑の右端の石碑(写真左)には「吉馴利平太」の息子の「吉馴孫平」が現在の讃留霊王神社の北側の土地を神社に寄付したことが刻まれてある。桑島さんの話によると、神社トイレ付近から北側の土地ということらしい。<br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料と、ご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/197/clap" id="fc2button-clap-197" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-197").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/197/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-197.html" data-text="4・国有形文化財登録された讃留霊王神社" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-197.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-197.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
195

2.讃留霊王墳墓考

■讃留霊王墳墓考 -桑島和成-丸亀市飯山町に素晴らしい古代の文化遺産が眠っています。それは下法勲寺の西の端、南から北へと伸びる日吉の丘の上にある讃留霊王神社です。境内に一歩足を踏み入れると、特異な厳粛極まりない雰囲気に包まれて、大変霊験あらたかな神社であるように感じられると思います。神社幣殿の正面は東を向いています。神社から東に直線にして約300メートルの地点に、讃留霊王が当地に館を定めた印と伝えられて... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-7.jpg" alt="sarureo2-7.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>■讃留霊王墳墓考 -桑島和成-<br><br>丸亀市飯山町に素晴らしい古代の文化遺産が眠っています。それは下法勲寺の西の端、南から北へと伸びる日吉の丘の上にある讃留霊王神社です。境内に一歩足を踏み入れると、特異な厳粛極まりない雰囲気に包まれて、大変霊験あらたかな神社であるように感じられると思います。<br>神社幣殿の正面は東を向いています。神社から東に直線にして約300メートルの地点に、讃留霊王が当地に館を定めた印と伝えられている「矢塚」があり、さらに東にまっすぐ進むと、大川郡白鳥町の白鳥神社に至ります。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sirotori1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sirotori1.jpg" alt="sirotori1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>白鳥神社には讃留霊王の御父日本武尊が祀られています。この神社の社殿によると「成務天皇の勅にて、武鼓王(讃留霊王)鑑造せり」とあります。つまり讃留霊王が白鳥神社の創建の基を造ったと伝えられています。さらにもっと先の延長線上に突き当たる場所は、大変神聖な伊勢神宮の森に至ります。<br>讃留霊王神社の拝殿は元の御旅所(明治初期頃まで神社の真東にあった。神の木と呼ばれる小さな土地。現在御旅所は神社の北側にある)を指しています。その為に幣殿と拝殿のセンターラインは少し屈曲して配列されています。これらの方位については深い意味を感じさせられます。<br>また讃留霊王神社の一番の特徴は、神社幣殿の裏の大塚が神社の御神体とされているところです。幣殿建物の裏側には両開き扉の構えが設けられ、御神体をお迎えする様式が備えられています。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo2-2.jpg" alt="sarureo2-2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>当地ではこの大塚は『讃留霊王の御墓』といわれ、一節には桓武天皇の御代(781~805)に和気氏が讃王明神社殿を、王の墓の前に造立したと伝えられています。地元ではこの神社を讃王さん(さんのうさん、又はさんなはん)と大変親しみ深い愛称で呼んでいます。<br><br>それでは讃王さんとはどのような人だったのでしょうか?「皇室御系圖」によると、讃王さんの御本名は「たけかいこおう」と申しあげ、第十二代景行天皇の皇孫であり、御父は神話で有名な「日本武尊(小碓尊)」にして、御母は吉備津彦命の後裔、吉備武彦(日本武尊の副将軍)の女、「吉備穴戸武媛」と記されています。讃留霊王は日本武尊の第五王子であり、第十四代仲哀天皇の弟にあたります。<br><br>「たけかいこ王」は書物により異なる漢字の表記で書き表されます。<br>【古事記】建貝児王・建見兒王<br>【日本書紀】武鼓王・武殻王・武卵王・武皷王<br>【中臣宮處氏本系帳】多祁迦比古王命<br>【舊事記】武養蚕命<br>【讃留霊公胤記】武明王<br>なお、武鼓王を「たけつつみおう」ともお呼びするなど、諸書に数多くの御名記が見えます。<br><br>讃岐の人々はたけかいこ王を讃留霊王(さるれおう)とお呼びしてきました。それは大和朝廷より讃岐の国へ派遣されて讃岐に留まり、讃岐国の中讃地方から西讃地方を治められ、古代において、この土地の生活基盤を築いた方で、讃岐国の国造り先覚者の第一人者と云えると思います。<br><br>伝記【讃留霊公胤記】によると、「讃留霊王は第十四代仲哀天皇即位八年に百二十五才で亡くなり、ここ日吉の丘へ葬られたと伝えている」とあります。その時に王の御墓「讃留霊王古墳」が造営されたのでしょう。<br><br>王が讃岐へ来られたことを伝える「讃留霊王の悪魚退治伝説」というものがあります。この話は讃岐の代表的な伝説で、内容は、備讃海域に人をも飲み込む大きな悪い魚が暴れまわっており、人々が大変に恐れ悩んでいるという噂が時の景行天皇のお耳に入られた。天皇は日本武尊の御子「たけかいこ王」に退治を命じられた。王は尊の血を引く持ち前の武勇で、一千余名の軍平を集め、軍船は香西浦の漁民から漁船八十八隻と船子の提供を受けて、悪魚を退治したという物語です。<br>讃岐に住み着いた讃留霊王は、中讃地方を治め、百二十四才でなくなったといいます。そのなきがらは讃留霊古墳(飯山町)におさめられたといいます。<br>思うに悪魚は讃岐の海賊であり、大和政権統一に抵抗した勇敢な讃岐人で、讃岐国を守るために戦ったのではないでしょうか?<br><br>「古事記」と「日本書紀」に見える「たけかいこ王」の名前が見える箇所を掲げると、<br><br>◎「古事記」の景行天皇の御巻には、倭建命(やまとたけのみこと)は后吉備臣建日子之妹大吉備健比賣は、建貝兒王を生む、建貝兒王は讃岐綾君、伊勢之別、登袁之別(とをのわけ)、麻佐首(まさのおびと)、宮首之別(みやじのわけ)、等之祖と記されています。<br><a href="https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1119734/50" target="_blank" title="古事記中巻の該当箇所はこちら">古事記中巻の当該箇所はこちら<br></a><br>・「伊勢乃別」は、三重県亀山市に「県主(あがたぬし)神社」があります。この神社は旧延喜式内社に定められていました。ここ伊勢鈴鹿郷を治めていた県主の始祖主祭神として祀られています。この神社は現在では、日本武尊が薨じた能褒野(のぼの)墳墓の地に御父、日本武尊と合祀されています。<br><br>・「宮首之別」は宮道の別(みやじのわけ)と呼ばれています。愛知県宝飯郡音羽町(豊川市の西隣り)に「宮道天神社」があり、ここ三河郷を治めた始祖として祀られています。社伝に日本武尊は東国平定の途に御子建貝兒王を封ぜられ、王の子孫三河郷に末永く在住されたと伝えられています。<br><br><br>◎「日本書紀」には景行天皇の条に、「日本武尊は后吉備武彦之女吉備穴戸武媛、武皷王と十城別王(とをきわけのみこ)を生む。その兄武卵王は讃岐綾君の始祖なり、弟十城別王は伊豫別君の始祖なり」と記されています。<br>「十城別王」は、愛媛県西条市下島山甲に飯積神社があります。この神社の祭神の一人が十城別王です。社伝によると、「王は当神野郡島山郷を治める、そして神社も創建された云々」とあります。また「舊事記」に、「武養蚕命(たけかいこのみこと)大和国波多君祖(はたぎみのおや)」と記されています。<br><a href="https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2544343/41" target="_blank" title="日本書紀巻第七景行天皇の該当箇所はこちら">日本書紀巻第七景行天皇の該当箇所はこちら</a><br><br><br>以上、簡単に讃留霊王について、古文書などに記されている部分を引用した概略をのせてみました。「讃王さん」を一人でも多くの皆様方に知っていただきたいと思いますので、是非、讃留霊王神社、讃留霊王の御墓へおいでください。<br><br>「讃王会」桑島和茂 記 平成四年二月<br><br><br><br><br><div id="kohun"></div>■前方後円墳としての讃留霊王古墳<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-2.jpg" alt="sarureo3-2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>こちらは讃留霊王神社境内の看板。<br>全長101メートルの前方後円墳だと書かれてある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-1.jpg" alt="sarureo3-1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>※「讃留霊王古墳測量報告書」平成19年10月24日 測量実施・図面発行:丸亀市教育委員会<br><br>この画像は右が「讃留霊王古墳測量報告書」で、左が讃留霊王神社上空からの写真である。<br>比較してみると、現在は古墳もの盛り土も多少崩れ、要所要所に改修の手が入ったりしているが、前方後円墳のような形をしているのが分かる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-3.jpg" alt="sarureo3-3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>こちらは昭和32年発行の法勲寺村史の複写。<br><br>昭和11年香川県発行の史跡名勝天然記念物調査報告(下巻)に、讃留霊王神社の調査の項があるので以下に一部抜粋する。<br><br>一、武鼓王<br>二、御墓<br>三、讃留霊王神社<br>六、由来伝説: この讃留霊王神社は無格社にて祭神は建貝児王なり(以下略)<br>七、徴証物件:現在讃留霊王神社の社後に古墳あり。一見円墳の如くなれども、南北に伸びて立派なる前方後円墳なり。唯神社建設その他によって土砂を採掘し去りたる為、著しく原形を破損し居れり。神社が殆ど古墳上に建設せられたる有様は府中村の鼓動岡神社と同様なり。一方から云えば神社の建設せられたる為よく古墳の保存せられたるを知ると雖も他方より云えばこれが為又原形を破損せられたるを知るべし。<br><br>この香川県の調査報告によると、「南北に伸びて立派なる前方後円墳なり」とかかれており、讃留霊王古墳が前方円墳であるというのが分かる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-4.jpg" alt="sarureo3-4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>古墳頂上部。北から撮影。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo3-5.jpg" alt="sarureo3-5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>古墳頂上部。南から撮影。<br><br><br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料とご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/195/clap" id="fc2button-clap-195" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-195").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/195/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-195.html" data-text="2.讃留霊王墳墓考" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-195.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-195.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
194

1.讃留霊王神社について

讃留霊王神社は丸亀市飯山町下法軍寺にある、讃留霊王(※建貝児王)を祭神とする神社である。讃岐富士こと飯野山の南へ約2キロと少しの場所に鎮座している。日吉の丘と呼ばれるこの場所には、讃留霊王が眠るとされる前方後円墳があり、讃留霊王神社はその古墳を御神体とする全国的にも珍しい神社である。写真の神社正面鳥居は国の有形文化財※建貝児王(たけかいこおう)は書物により異なる漢字の表記で書き表される。【古事記】建... <a href="https://blog-imgs-150.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-150.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-1.jpg" alt="sarureo1-1.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王神社は丸亀市飯山町下法軍寺にある、讃留霊王(※建貝児王)を祭神とする神社である。<br>讃岐富士こと飯野山の南へ約2キロと少しの場所に鎮座している。日吉の丘と呼ばれるこの場所には、<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-195.html#kohun" target="_self">讃留霊王が眠るとされる前方後円墳</a>があり、讃留霊王神社はその古墳を御神体とする全国的にも珍しい神社である。<br><a href="http://angelsgarden25.blog78.fc2.com/blog-entry-197.html" target="_blank" title="有形文化財のページを参照">写真の神社正面鳥居は国の有形文化財</a><br>※建貝児王(たけかいこおう)は書物により異なる漢字の表記で書き表される。<br>【古事記】建貝児王・建見兒王<br>【日本書紀】武鼓王・武殻王・武卵王・武皷王<br>【中臣宮處氏本系帳】多祁迦比古王命<br>【舊事記】武養蚕命<br>【讃留霊公胤記】武明王<br><br><iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m14!1m8!1m3!1d21083.932592515594!2d133.83328650684822!3d34.26314378391629!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x3553d995af0074c3%3A0x340a00546f5b7c98!2z6K6a55WZ6ZyK546L56We56S-!5e1!3m2!1sja!2sjp!4v1631443224279!5m2!1sja!2sjp" style="border:0;" allowfullscreen="" loading="lazy" width="100%" height="600"></iframe><br><br><a href="https://blog-imgs-150.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-150.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-3.jpg" alt="sarureo1-3.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br>※拝殿(手前の建物)中殿(拝殿と幣殿の間の部分)幣殿(背後の建物)を北東から撮影。幣殿の裏手には古墳最上部の通路状玉垣が見えている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-150.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-150.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-2.jpg" alt="sarureo1-2.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br>※讃留霊王神社東側より飯野山を望む。<br><br><br>讃留霊王は「さるれお」と読み、讃岐に伝わる悪魚退治伝説に出てくる景行天皇の孫、建貝児王のことである。悪魚退治後、讃岐の国主としてこの地にとどまったことからこの名で呼ばれている。<br>ここでは讃留霊王神社の氏子であり、讃留霊王に関する様々な資料を集め、研究されている<a href="http://angelsgarden25.blog78.fc2.com/blog-entry-178.html" target="_blank" title="桑島和茂さん">桑島和茂さん</a>に頂いた資料をまとめて載せていきたいと思う。<br><br><br>■創始<br>[祭神]建貝児王(たけかいこおう)<br>[由緒]創祀詳ならず。或は城山長者・酒部黒丸の創祀とも云う。<br> 伝う所によれば、祭神建貝児王(武殻王、武皷王、武卵王とも書く)は、日本武尊の王子にして讃岐綾君の始祖なり。(『古事記』・『日本書紀』)。<br>景行天皇の二十三年、勅を奉じて南海の悪魚を征し給い、留まって讃岐国を守り給う国人称して讃留霊王(さるれおう)と云う。<br>仲哀天皇の八年御寿百二十五を以て薨ぜらる。南海の民之を玉井の里に葬り祠を建てて歳時之を祭り、号して讃留霊王神社と云うと伝えり。<br>一説には、王の末裔『綾氏・和気氏』の人々神祠を営むと云えり。<br> 当社は、即ち王の御墓地に祠を建ててその御霊を祭りしものなり。その後悪魚の怨念しきりに里人を苦しめしかば、僧行基来りて阿益郡福江に魚の御堂を建て、また、一寺を営みて『法勲寺』という。<br> 延暦十三年(七九三)僧空海この寺を讃留霊王の墓地に移し、また、島田寺を営みて法勲寺の寺務を摂せしむ。後、法勲寺廃せられ、什宝等皆島田寺に移りしが天正年間兵火に罹り、爾来王の墳墓社殿も荒廃せしが、享保十二年(一七二七)和気氏の末裔稲毛秀政郡中に募財して、寛保二年(一七四二)造営せりという。<br><br>「飯山町誌」昭和六十三年発行・寺社の項抜粋<br><br>※讃留霊王神社の創始が酒部黒丸といわれているが、宝賀寿男氏の「古代氏系族系譜集成」によると酒部黒丸は讃留霊王の五世にあたり、時の允恭天皇に<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-202.html#tamanoi" target="_self">玉ノ井</a>の酒をささげて酒部の姓をもらったという言い伝えがある。<br>また、宝賀寿男氏の著書「<a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%81%AF%E9%95%B7%E6%B0%8F%E2%80%95%E5%A4%A7%E7%8E%8B%E3%82%92%E8%BC%A9%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E9%8D%9B%E5%86%B6%E6%B0%8F%E6%97%8F-%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%B0%8F%E6%97%8F%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E5%AE%9D%E8%B3%80-%E5%AF%BF%E7%94%B7/dp/4434198238" target="_blank" title="息長氏 大君を排出した鍛冶氏族">息長氏 大君を排出した鍛冶氏族</a>」には、神櫛王と武貝児王は同一人物であり、武貝児王の孫が応神天皇であると書かれている。<br><br><br>■八坂神社<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-18.jpg" alt="sarureo1-18.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王神社はすぐ西にある八坂神社の境外末社である。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-17.jpg" alt="sarureo1-17.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>八坂神社の社伝によると、昔、素戔嗚命がこの地に訪れたという伝承があり、当時の国造であった讃留霊王がこの地を素戔嗚命ゆかりの場所として素戔嗚命をお祀りしたとある。<br>この伝説から考えると、八坂神社が先にでき、その後に讃留霊王古墳、讃留霊王神社ができたということになる。<br><br><br><br>■讃留霊王伝説とは<br>今は昔、西暦九十二年景行天皇の頃、土佐の海にエビのような姿の大魚が現れて、 船や人を飲み込み、暴れていた。それを知った景行天皇は日本武尊(ヤマトタケルノミコト) にその悪魚退治を命じたが、日本武尊は自分の息子の霊子(武殻王・タケカイコオウ) にその役目を命じるように天皇に進めた。悪魚退治を命じられた武殻王はさっそく土佐に向かうが 、大魚は讃岐の国(香川県)へ移動していた。大魚を追い讃岐にやってきた武殻王は、船を作り兵士を集め、大魚との戦いが始めた。しかし大海を自由に泳ぎ回る大魚に、ついに武殻王ののった軍船は飲み込まれてしまう。大魚の腹の中で魚の毒気にあてられてぐったりしている兵士達の中、武殻王だけは元気で、何とか大魚の腹の中から脱出する術を考えた。そして火をたくことを思い付き、火に焼かれてもがき苦しむ大魚の腹を切り裂いて、ついに脱出に成功する。武殻王の乗った大魚の死骸は福江の浜(坂出市福江町)に流れ着いた。しかし兵士達は皆魚の毒気により、半死半生となっていた。そこへかめに入ったきれいな水を持った子供があらわれ、武殻王に差し出した。武殻王はそれを飲んでみて、その甘くておいしいことに驚いた。武殻王はその水を兵士達にも飲ます為に、その水のある場所に案内してもらった。そして兵士達は皆その水を飲んで元気を取り戻したのだった。武殻王に水を持ってきたのは、横潮明神という神様で、兵士達80人が蘇ったということで、その清水は八十場(八十蘇)の清水と名付けられることになった。大魚の亡骸は魚御堂をたてて供養したという。<br>さて景行天皇に大魚退治を認められた武殻王は、褒美として、讃岐の土地を与えられ、城山に館を構え、讃留霊王となった。名前の由来は讃岐に留まる霊王という意味である。{讃留霊記の諸本(漢文)を抜粋}<br> 晩年、海の見える館に住むことがいやになった讃留霊王は、城山から矢を放ち、海の見えない新しく館をたてる場所を探した。矢が突きたったのは、東に城山、南に象頭山の山並、西に善通寺の山々、北に飯野山のある、広々とした、讃岐平野の真ん中だった。しかし矢の突きたったところはまだかすかに海が見えていたため、その矢の突きたった場所から少し北によった所に新しい館を構えることにした。その場所は古代寺院法勲寺跡と伝えられている。<br> 矢の突きたった石はその後は矢塚と呼ばれ、大切に祀られていた。しかし現在は道路拡張工事の為、矢塚は讃留霊王神社境内に移されている。<br> その後、讃留霊王は百二十四歳まで長生きし、その亡骸は現讃留霊王神社境内にある讃留霊王古墳におさめられたといわれている。 讃留霊王神社ではその古墳を御神体として、今も地元の人々にや、香西浜の人々にあがめられている。<br><br>※他にも日本武尊が悪魚を退治し、その功績を子の武殻王に譲ったという話もある。<br><a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-198.html" target="_blank" title="※讃留霊王絵伝説について">※讃留霊王伝説について</a><br><a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-200.html" target="_blank" title="※地蔵寺の讃留霊王伝説">※地蔵寺の讃留霊王伝説</a><br><a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-199.html" target="_blank" title="※香西浦の讃留霊王伝説">※香西浦の讃留霊王伝説</a><br><br><br><br>■讃留霊王が眠るとされる前方後円墳<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-7.jpg" alt="讃留霊王古墳" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王古墳。北側より撮影。<br>古墳最上部は江戸時代に作られた玉垣で囲われている。玉垣は国の有形文化財。<br>この古墳は南北に長い<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-195.html#kohun" title="前方後円墳" target="_self">前方後円墳</a>で、古墳が本殿でありご神体となっている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-10.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-10.jpg" alt="讃留霊王古墳" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王古墳。南側より撮影。本殿のように見えるのが幣殿。全国的に古墳と神社が一体になっている神社は珍しく、全国でもここだけである。<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-197.html" target="_blank" title="詳しくは国の有形文化財登録された讃留霊王神社のページを参照">詳しくは国有形文化財登録された讃留霊王神社のページを参照</a><br><br><br><br>■幣殿<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-22.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-22.jpg" alt="sarureo1-22.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>秋祭りの日に幣殿奥の桟唐戸が開き、古墳に眠る御霊を迎え入れるようになっている、珍しい構造の幣殿。国の有形文化財。<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-197.html" target="_blank" title="詳しくは国有形文化財登録された讃留霊王神社のページを参照">詳しくは国の有形文化財登録された讃留霊王神社のページを参照</a><br><br><br><br>■讃留霊王神社拝殿<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-11.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-11.jpg" alt="讃留霊王神社拝殿" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-16.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-16.jpg" alt="sarureo1-16.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>拝殿には古い時代の讃留霊王神社に関連した写真などが飾られている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-4.jpg" alt="sarureo6-4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>讃留霊王神社には様々な民間信仰や言い伝えがある。「讃留霊王神社の砂を懐中に入れておくと、子を授かる」「讃王さんの砂を持っていると船酔いしない」など、「法勲寺村史」に記載されている。<br><br><br><br>■手水鉢<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-23_2022022121242312a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-23_2022022121242312a.jpg" alt="sarureo6-23_2022022121242312a.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>拝殿前にある手水鉢。底部分が舟形に彫られている。讃留霊王こと建貝児王が船に乗って悪魚を退治したことにちなんだものだろうか?<br><br><br><br>■矢塚<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo5-1.jpg" alt="讃留霊王神社矢塚" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-13.jpg" alt="讃留霊王矢塚" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>讃留霊王が城山山頂から自分の城をどこに構えるか決める際に放った矢が刺さった石があったという<a href="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-194.html#yaduka" target="_self">矢塚</a>。元は讃留霊王神社の東300メートルの地点にあった。道路拡張工事の為、現在の場所(讃留霊王神社境内)に移動。<br><br><br><br>■境内の様子<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-5.jpg" alt="讃留霊王神社地神社" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>地神塔。桑島さんの話によるとここ讃留霊王神社のある下法軍寺は、東、中、西という3つの地区に分かれており、それぞれの地区に一つの地神塔が祀られている。讃留霊王神社のある西地区は讃留霊王神社境内に地神塔がある。地神塔の台になっている石は法勲寺の礎石だそうだ。(塔の下の下の大きな石)<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-6.jpg" alt="sarureo1-6.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>神社の境内末社? 法勲寺村史には保食神を祀る祠(境内末社)があるとかかれているので、それかもしれないと桑島さんは推測している。桑島さんの子供の頃から、ここで祀られていたそうである。現在、詳細は不明とのこと。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-12.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-12.jpg" alt="讃留霊王神社境内" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>境内拝殿横より北をのぞむ。注連柱(しめばしら)とその向こうには北の鳥居が見える。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-8.jpg" alt="讃留霊王神社北側鳥居" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>北の鳥居と讃留霊王神社北参道。秋祭りに御神輿がお旅所に向かうまでの渡御道。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-9.jpg" alt="讃留霊王神社北側鳥居" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>北の鳥居の額束には「讃王」の文字と、前方後円墳のマークがついている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-15.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-15.jpg" alt="sarureo1-15.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>前方後円墳北端より南の古墳最上部をのぞむ。<br>奥に古墳を囲む玉垣が見えている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-20.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-20.jpg" alt="sarureo1-20.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>神社御旅所、奥の台は御神輿台。コンクリートで固められているが、中には法勲寺の礎石が入っているそうだ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-19.jpg" alt="sarureo1-19.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>この看板のある場所が古代法勲寺跡ではなく、この看板から東に広がる広大な土地が古代法勲寺跡である。<br>看板左に少し見えている建物は現在の法勲寺である。その建物の辺りから南の土地一体(今は田んぼ)が古代法勲寺跡だそうだ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-21.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo1-21.jpg" alt="sarureo1-21.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>一番手前の大きな石は、平成3年5月に復元された法勲寺の塔中心礎石。現存する塔中心礎石の破片より復元したそうだ。<br>あとの石は平成2年5月に逆川(さかさまがわ)より発掘された法勲寺礎石をこの場所に移動したもの。<br><br><br>■讃州金毘羅御絵図<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-15_2022021320053215e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-15_2022021320053215e.jpg" alt="sarureo6-15_2022021320053215e.jpg" border="0" width="1876" height="1351" /></a><br>※クリックして拡大<br><br>天保二年に発行された「讃州金毘羅御絵図」。こちらの原図は桑島さんが所蔵しているもの。<br>讃畄灵王(さんるれいしゃ)と鳥居の記載がある。<br>これ以外の古絵図、「金毘羅案内記」「讃岐府志 讃岐国全縮図」「讃岐国官社考証 讃岐国全縮図」等にも讃留霊王墓、讃王明神、サルレイミハカなどの記載がある。<br><br><br><br>■讃留霊王神社の自然<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-24.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-24.jpg" alt="sarureo6-24.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>ツルウメモドキ<br><br>讃留霊王神社境内には様々な樹木、植物が豊かに育ち、訪れる人の目を楽しませてくれる。<br>しかし桑島さんの話によると、古墳の辺りにはマムシが出るようで、そこは注意しなければならないそうだ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-25.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-25.jpg" alt="sarureo6-25.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>ガガイモ<br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-26.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-26.jpg" alt="sarureo6-26.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>ハイゴケ<br><br><br><br><br>■その他<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-3.jpg" alt="sarureo6-3.jpg" width="800" height="600" border="0" /></a><br><br>地元の和菓子店「如月」ではこのようなお菓子も売られている。<br><br><br>■讃留霊王関連年表<br><table width="100%" cellspacing="1" cellpadding="5" border="0" align="left"><tbody><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">94</td><td>景行天皇24年、大魚現れる</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">95</td><td>讃留霊王悪魚を退治する</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">199</td><td>讃留霊王亡くなる。南海の民他舞の里に葬り祠を建てて祀る。王の末裔、綾氏、和気氏の人々祠を営むといわれる</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">645~710</td><td>白鳳期、古瓦が法勲寺跡から出土</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">729~749</td><td>天平年間、行基が福江の裏に魚御堂を建て、そこに法勲寺も建立。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">737~806</td><td>桓武天皇御宇、神託にて和気氏宮社を造立。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">794</td><td>延暦13年正月8日、弘法大師法勲寺を玉井村に移す。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">中世</td><td>法勲寺の僧がいなくなり、寺が廃れる。什宝等が島田寺へ移さる。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1250</td><td>建長2年、「東鏡」に法勲寺の記載あり</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1603</td><td>慶長8年、法勲寺が生駒親正の墓上に移され、弘憲寺となる。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1737</td><td>讃岐府志「讃岐国全縮図」に「サルレイミハカ(讃留霊王御墓)」の記載あり</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1742</td><td>寛保2年、讃留霊王神社棟札に「造立讃王大明神」の記載あり</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1743</td><td>寛保3年、讃留霊王神社棟札に「幣殿」の記載あり</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1757</td><td>古書「讃陽綱目」に「陵も荒れ果てあやしげなるわらぶきの祠のみのこれり」とある。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1823</td><td>文政6年、讃留霊王神社棟札に「檜皮吹替」の記載の記載</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1826</td><td>文政9年、讃留霊王神社棟札に「幣殿」の記載あり</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1830</td><td>文政13年、神社正面鳥居完成(柱に文政13年寅9月15日惣氏子中と刻印あり)</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1838</td><td>天保9年、讃留霊王神社棟札に「幣殿」の記載。玉垣もこの頃できたと推測される。<br>「讃岐國名勝圖會」には、”折々讃留霊王墳墓が鳴動した為、里正吉馴利平太、社司安原左門と相談し3月15日祈祷を行い、これにより墳墓の鳴動が止まり、この年より毎年3月15日神社に人々が集うようになった”とある。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">明治初期</td><td>神社の真東にあった御旅所を現在の場所に移動。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1880</td><td>明治13年、幣殿再建。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">1972</td><td>昭和57年、中殿建替え、拝殿屋根葺き替え他、境内の整備事業を行う。</td></tr><tr><td valign="top" nowrap="nowrap">2002</td><td>平成14年、玉垣の地盤及び、幣殿周辺の修復。</td></tr><tr><td></td><td></td></tr><tr><td></td><td></td></tr></tbody></table><br><br><br>■讃留霊王神社 年中行事・祭事<br>元旦祭:1月1日午前0時 <br>春祭り(古墳の鳴動をおさえるための祈祷をした日)旧暦の3月15日 → 現在は4月に入っての土日に変わっている<br>秋祭り(讃留霊王が亡くなった日)旧暦の9月15日 → 現在は9月の第3土日に変わっている。<br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/sarureo6-1.jpg" alt="sarureo6-1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>秋祭りの様子。<br><br><br>※この記事は讃留霊王研究家の桑島和成さん作成の資料と、ご本人から直接聞いた話をまとめたものです。<br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/194/clap" id="fc2button-clap-194" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-194").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/194/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-194.html" data-text="1.讃留霊王神社について" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-194.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-194.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
193

上井出水 その2 高松市

数年ぶりに上井出水に行ってみた。 前回はそれほどよく観察してなかったのもあるが、今回は何かと外来種の水草が目立った。看板ができていた。前に行った時はなかったと思う。地域の人達で大切にしていこうという思いが伝わってくるよい看板だと思う。以前撮った写真と比較してみた。 今回は水源に近い方は水草に覆われて水の中があまりよく見えない。南端の湧水部の様子。深緑色のウィローモス(カワゴケ)が繁茂している。この辺... <a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-32.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-32.jpg" alt="uwai2021-32.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>数年ぶりに上井出水に行ってみた。 前回はそれほどよく観察してなかったのもあるが、今回は何かと外来種の水草が目立った。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20211226153017796.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20211226153017796.jpg" alt="下口の上井出水看板" border="0" width="800" height="1066" /></a><br><br>看板ができていた。前に行った時はなかったと思う。<br>地域の人達で大切にしていこうという思いが伝わってくるよい看板だと思う。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-18.jpg" alt="uwai2021-18.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>以前撮った写真と比較してみた。 今回は水源に近い方は水草に覆われて水の中があまりよく見えない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-25.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-25.jpg" alt="uwai2021-25.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>南端の湧水部の様子。<br>深緑色のウィローモス(カワゴケ)が繁茂している。<br>この辺りから水が湧き出しているせいか、水底が少し見えている。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-23.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-23.jpg" alt="uwai2021-23.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>護岸に張り付くだけでなく、わさわさと水の中を埋め尽くしている。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-31.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-31.jpg" alt="uwai2021-31.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>ぽっこり浮かんだ希少種の鹿角苔。<br><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-22.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-22.jpg" alt="uwai2021-22.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>他にもこの部分には、ウィローモス以外に、クレソン、鹿角苔(リシア)も見られた。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-27.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-27.jpg" alt="uwai2021-27.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>湧水部から下流に向かって撮影。<br>奥に見えている鮮やかな緑はクレソン。その奥の水から生えているのはセキショウ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-28.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-28.jpg" alt="uwai2021-28.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>下流側から湧水部に向かって撮影。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-29.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-29.jpg" alt="uwai2021-29.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>湧水部近くの水路の様子。水中から生えているのはカヤツリグサの仲間。メリケンガヤツリ?<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-21.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-21.jpg" alt="uwai2021-21.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>カヤツリグサ拡大。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-19.jpg" alt="uwai2021-19.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>下流に向かって左側の斜面には、除草剤が散布されている。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-20.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-20.jpg" alt="uwai2021-20.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>下流に向かって右側の斜面には、農作業由来の植物の廃棄物が捨てられている。一見汚く見えるが、草を抑えるための分解可能なマルチだと思えば、悪くないかもしれない。<br>むしろ除草剤や、化学物質できたビニールや不織布のマルチ等を使うほうが、生態系に悪影響を与えるので問題だ。<br>もちろん本当は草刈りが一番いいのではあるが。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-17.jpg" alt="uwai2021-17.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>さらに湧水部から離れてゆくと、外来種のオオカワヂシャとクレソンが生えていた。<br>右がオオカワヂシャで左がクレソン。<br>水面はウキクサの仲間が覆いつくしている。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-14.jpg" alt="uwai2021-14.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>オオカワヂシャの花。<br>オオカワヂシャは土器川にもたくさんはえている。近くの香東川にも生えているのかもしれない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-15.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-15.jpg" alt="uwai2021-15.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>ウキクサの下は残念なことにオオカナダモがぎっしりと繁茂していた。<br>以前にはなかったかもしれない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-12.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-12.jpg" alt="uwai2021-12.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>ウキクサと外来種のオオカナダモ。<br>住宅街の中にある出水なので、誰かが捨てたのかもしれない。<br>オオカナダモはペットショップなどでアナカリスとして簡単に手に入る上、簡単に捨てられてしまう。<br>ペットショップ等で購入した水草の一部は、例え数ミリの破片でもそこから増殖してしまうので、決して捨ててはならない。<br>しかし、例え法律を作って、そういうことを取り締まったとしても、きちんと守れる人などほとんどいないのはわかりきったことだ。<br>ホームセンターやペットショップで外来生物は一切販売しないように法律を定めない限り、外来生物は日本の環境下でさらに種類を増やし、増え続けていくだろう。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-13.jpg" alt="uwai2021-13.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>オオカナダモやウキクサの中で懸命に生きようとしている鹿角苔。<br>オオカナダモ、オオカワヂシャ、クレソンを除去すれば、希少種の鹿角苔も、かわいく、まんまるくまとまった姿をもっと見せてくれるかもしれない。<br>たくさんの外来水草が光を遮ってしまうと、在来水草が育ちにくくなり、希少在来水草の絶滅が危ぶまれる。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-9.jpg" alt="uwai2021-9.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>さらに下流に進むと、水路の両側で野菜が育てられているのが目に入った。<br>ここで気になるのが、農薬と化学肥料だ。農薬も化学肥料も地下に浸透するので、湧水に混じらなければいいのにと思う。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-5.jpg" alt="uwai2021-5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>この辺りまでくると、オオカナダモの姿がなくなり、在来種のエビモが姿を見せてくれた。野菜の手入れをしている人が、水路も掃除してくれているのかもしれない。オオカナダモやクレソンの繁茂が少ないので、ミズハコベもこの辺りから姿が見られた。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-4.jpg" alt="uwai2021-4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>在来水草のエビモと、湧水域にしか生えない希少種ミズハコベ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-3.jpg" alt="uwai2021-3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br>さらに下流へ向かう。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-2.jpg" alt="uwai2021-2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>コンクリートの穴から家庭排水が小川に流れ込んでいる。コンクリートの壁の上は住宅だ。<br>見ていて気持ちのいい排水の様子ではないので、川を汚す原因になっていると思われる。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-136.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/uwai2021-1.jpg" alt="uwai2021-1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>湧水が流れる小川はここで汚れた水の流れる用水路と合流する。<br>普通の用水路は農薬や家庭排水ですっかり汚染されているので、きれいな水でしか生きられない動植物は生息できない。<br>用水路の川の水の汚れは凄まじいものがあるのだろう。<br>その川の汚染は言うまでもなく人間活動によるものである。<br>ほとんどの人間が、毎日毎日せっせと掃除や洗濯の名のもとに、毒まみれの合成洗剤を川や海に流し続けるので、川も海も生き物が住めないような毒水になってしまっている。掃除洗濯以外にも誰もが日常的に農薬やその他様々な有害化学物質を環境中に放出し続けている。<br>海の汚染度は人間がそういう生き方を変えない限り、高くなり続けていくだろう。<br>今や瀬戸内海は、多くの環境に無関心な人々のたゆまぬ努力により、生き物が激減したヘドロの海になってしまった。<br>沈黙の海になってしまうのも時間の問題かもしれない。<br><br><br><br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/193/clap" id="fc2button-clap-193" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-193").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/193/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-193.html" data-text="上井出水 その2 高松市" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-193.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-193.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
187

龍王池

岡山県は龍泉寺境内にある龍王池。山から湧き出す湧水の池だそうだ。龍泉寺は岡山県岡山市にあり、龍王池を八大龍王の御神体としてお祀りしている。龍王池は竜王山の麓にある美しい池で、もとは水が湧き出る湿地帯だったところを江戸時代に溜池へと改修され、明治時代には池の貯水量を増やす工事が行われ、今のような立派な池となったそうだ。詳しいことは、竜泉寺のHPを参照してください。鳥居側から池を眺める。鳥居のそばにある... <a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20200325142250df5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20200325142250df5.jpg" alt="1_20200325142250df5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>岡山県は龍泉寺境内にある龍王池。山から湧き出す湧水の池だそうだ。<br>龍泉寺は岡山県岡山市にあり、龍王池を八大龍王の御神体としてお祀りしている。<br><br>龍王池は竜王山の麓にある美しい池で、もとは水が湧き出る湿地帯だったところを江戸時代に溜池へと改修され、明治時代には池の貯水量を増やす工事が行われ、今のような立派な池となったそうだ。<br><br><a href="http://www.ryusenji.jpn.org/index.html" target="_blank" title="詳しいことは、竜泉寺のHPを参照してください。">詳しいことは、竜泉寺のHPを参照してください。</a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_20200325142256041.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_20200325142256041.jpg" alt="5_20200325142256041.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>鳥居側から池を眺める。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_2020032514225731d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_2020032514225731d.jpg" alt="6_2020032514225731d.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>鳥居のそばにある立て札。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_202003251423009a4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_202003251423009a4.jpg" alt="8_202003251423009a4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>龍泉寺の方の話によると、龍王池には周囲の湿地帯から少しばかり水が流れ込んでいるだけで、池の水は池の底から湧き出ており、年間を通して豊かな水量を維持しているそうだ。<br>また生活排水が流れ込まない為、山奥の溜池にしては水がとてもきれいであるとのことだった。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_20200325142258044.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_20200325142258044.jpg" alt="7_20200325142258044.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>確かにきれいな水である。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_202003251423010b8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_202003251423010b8.jpg" alt="9_202003251423010b8.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20200325142303407.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20200325142303407.jpg" alt="10_20200325142303407.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/11_20200325142304766.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/11_20200325142304766.jpg" alt="11_20200325142304766.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/4_20200325142254ed1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/4_20200325142254ed1.jpg" alt="4_20200325142254ed1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>龍王池の周囲には湿地が広がっており、希少植物もみられるそうだ。<br>湿地の自然を守るための活動も行われているらしい。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_20200325142253e72.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_20200325142253e72.jpg" alt="3_20200325142253e72.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>池の畔にある看板。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_2020032514225237a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_2020032514225237a.jpg" alt="2_2020032514225237a.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>龍泉寺の拝殿。釉薬瓦の鬼瓦と棟飾瓦は珍しいそうだ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/12_202003251422492d5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-142.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/12_202003251422492d5.jpg" alt="12_202003251422492d5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>広大な池は見ていて癒やされる。<br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/187/clap" id="fc2button-clap-187" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-187").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/187/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-187.html" data-text="龍王池" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-187.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-187.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
186

近年コンクリート護岸になって消滅した湧水水路の水辺環境

近年消滅してしまった、出水からの湧水が流れる水路の水辺環境について紹介したいと思う。水が湧き出る環境というのはそうどこにでもあるものではない。さらに、その希少な場所でのみ生きることができる動植物がいる。それらは国のレッドデータブックに登録されていたり、日本各地で絶滅危惧種などに指定されていたりすることがある。ここでは丸亀市川西町南にある龍王出水という出水からの小川と、丸亀市飯山町東小川の吉村農園前... <a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/b1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/b1.jpg" alt="b1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>近年消滅してしまった、出水からの湧水が流れる水路の水辺環境について紹介したいと思う。水が湧き出る環境というのはそうどこにでもあるものではない。さらに、その希少な場所でのみ生きることができる動植物がいる。それらは国のレッドデータブックに登録されていたり、日本各地で絶滅危惧種などに指定されていたりすることがある。<br><br>ここでは丸亀市川西町南にある龍王出水という出水からの小川と、丸亀市飯山町東小川の吉村農園前の湧水の小川の2つについて載せたいと思う。この二箇所の水路は石積み、もしくは素掘りの水路で、すばらしい湧水の水辺環境が形成されていたが、コンクリート三面張工事によってその環境は破壊されてしまった。特に龍王出水からの水路は、今では県内のどこを探しても見つからないほどの貴重かつ希少な水草類が生育している、決して破壊してはならない水路だった。<br><br>⇒<a href="https://yahoo.jp/Vji_d5" target="_blank" title="丸亀市川西町南にある龍王出水という出水からの小川">丸亀市川西町南、龍王出水からの小川の場所はこちら</a><br>⇒<a href="https://yahoo.jp/-m3j2Z" target="_blank" title="丸亀市飯山町東小川の吉村農園前の湧水の小川">丸亀市飯山町東小川、吉村農園前の湧水の小川の場所はこちら</a><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/0.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/0.jpg" alt="0.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>透き通った湧水の流れる龍王出水からの小川。素掘り、もしくは石積み護岸なので、水辺まで近づくことができる。<br>水辺に茂るセリなどの植物が美しい。<br>水辺の生物多様性が維持されている理想の姿だと言える。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20200109125523262.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20200109125523262.jpg" alt="1_20200109125523262.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>護岸が土なので水辺近くまでセリが生えている。きれいな水に生育しているので食べることもできる。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20200109125524a31.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20200109125524a31.jpg" alt="2_20200109125524a31.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>水底にはこんなにもたくさんの水草が生えている。<br>水底がコンクリート化されていなかったので、ミズハコベや、ミズタガラシ、ウキゴケ(鹿角苔)が生育することができた。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_20200109125527670.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_20200109125527670.jpg" alt="5_20200109125527670.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>今ではもうほとんど見ることの出来くなった<a href="http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030511960" target="_blank" title="ミズタガラシ">ミズタガラシ。地域により、絶滅危惧種に指定されている場合もある。</a>このあたりでは土器川周辺の湧水小川でかつては見られたが、今はコンクリート三面張工事により、絶滅してしまったようだ。護岸だけでなく、水底もどんどんコンクリート化されているので、水草は生えることが出来ない。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_20200109125529e57.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_20200109125529e57.jpg" alt="6_20200109125529e57.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>まるで夢のような美しい水底の光景。<br>チドメグサ類の沈水形。チドメグサの仲間はどこででもみることができるが、水中で沈水形をとっている様子はここでしか見たことがない。チドメグサの間のポコポコした緑の丸いかたまりは、<a href="http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=1002050100899" target="_blank" title="県により絶滅危惧種に指定されている場合もあるリシアとも呼ばれるウキゴケ(鹿角苔)">地域により絶滅危惧種に指定されているウキゴケ(鹿角苔)</a><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_20200128133818b23.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_20200128133818b23.jpg" alt="3_20200128133818b23.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>手のひらにのせた大きなウキゴケ(鹿角苔)<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_20200109125530c2c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_20200109125530c2c.jpg" alt="7_20200109125530c2c.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>龍王出水は湧水量が多いので、小川の水は淀むことなく、透き通ったきれいな水が流れ続けている。<br>護岸にはカワゴケ類の姿も何種類か見られる。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_20200109125532f84.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_20200109125532f84.jpg" alt="8_20200109125532f84.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>ミズハコベやウキゴケ(鹿角苔)の大きな塊がぷかっと浮いている、こんな美しく貴重な光景が、ここ以外の場所でそう簡単に見ることができるだろうか? 本当にこんな素晴らしい水路を農業の利便性の為に壊さなければならなかったのだろうか?<br><a href="http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06040254039" target="_blank" title="ミズハコベも地域により絶滅危惧種に指定されている。">ミズハコベも地域により絶滅危惧種に指定されている。</a><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_20200109125533f56.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_20200109125533f56.jpg" alt="9_20200109125533f56.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20200109125535416.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20200109125535416.jpg" alt="10_20200109125535416.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>石積み護岸にはカワゴケ類が見られた。<br>カワゴケ類の仲間も地域によっては絶滅危惧種に指定されている場合がある。<br>ここで見られた数種類のカワゴケの中にも希少種があったかもしれない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/11_202001091255362e3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/11_202001091255362e3.jpg" alt="11_202001091255362e3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>この川には絶滅危惧種に指定されているカワモズクも見られた。<br>種類は特定できないが、最低でも二種類は生息していた。<br><a href="http://jpnrdb.com/search.php?mode=key&amp;q=%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%82%BA%E3%82%AF&amp;t=f&amp;cd=12020107001" target="_blank" title="カワモズクは環境省のレッドデータブックに絶滅危惧種に指定されている。">カワモズクは環境省のレッドデータブックに絶滅危惧種に指定されている。</a><br>絶滅危惧植物が多く生息していた場所なのに、この川はコンクリート三面張にされてしまった。護岸も水底もコンクリートである。<br>私達の税金で貴重な環境が失われてしまったことが非常に残念でならない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20200128133817e45.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20200128133817e45.jpg" alt="2_20200128133817e45.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_202001281338165b9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_202001281338165b9.jpg" alt="1_202001281338165b9.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>龍王出水からの小川に生息するカワモズクを近距離で撮影したもの。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/12.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/12.jpg" alt="12.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>死の水路である、コンクリート護岸。<br>生き物は落ちたら自力で這い上がれない。人間にとっても落ちると危険。水草は土に根を下ろすことができないので、絶滅してしまう。<br>この状況を見た時のショックはいまだに忘れられない。水辺に生きる生き物達に申し訳なく思い、非常に情けなく思った。<br><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/13.jpg" alt="13.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>こちらは飯山町東小川の蓮光寺出水を水源とする水路である。<br>こちらも近年、コンクリート護岸になってしまった。<br>こちらの工事費用の負担割合は、国50%、県25%、市20%、地元5%だと市の土地改良区から聞くことができた。<br>地元の水利組合もお金を出しているが、大半は私達の税金でこのような工事が行われている。<br>この場所にはゲンジボタルと、ヘイケボタルの両方を見ることができる、飯山町内でも貴重な場所だった。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/14.jpg" alt="14.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050245975" target="_blank" title="地域によっては絶滅危惧に指定されているセキショウ">地域によっては準絶滅危惧に指定されているセキショウ</a>が群落を作っている。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/15.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/15.jpg" alt="15.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>この水路は連光寺出水からの湧水に別の水路の水が合流している小川だが、吉村農園前の橋の下部分からも水が湧き出していた。<a href="https://sugakun.exblog.jp/17630905/" target="_blank" title="※菅さんのブログ参照">※菅さんのブログ参照</a><br>つまり湧水の湧き出る貴重な湿地環境になっていた。ホタルもきれいな水と、自然豊かなコンクリート護岸工事されていない環境があったから生息できたのだろう。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/16.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/16.jpg" alt="16.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>セキショウは湧水域では沈水形でも生育するそうなので、水中に見える水草はセキショウの沈水形だろう。<br>年々自然が壊されている丸亀市においては、他では見ることの出来ない貴重な光景だったと思う。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/17.jpg" alt="17.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>生き物にとって生育しやすい、素掘りや石積みの、生物多様性が維持された昔ながらの水路だった。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/18.jpg" alt="18.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>セリやミゾソバやフキが生き生きと生育している。<br>フキも最近はどんどん数を減らし、ほとんど見かけなくなってしまった。<br>自然は農業の利便性の為に壊されていく一方である。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/19.jpg" alt="19.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20.jpg" alt="20.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>水辺の湿地帯はコンクリート三面張工事により失われてしまった。<br>ホタルはもしかしたら、護岸工事の及んでいない場所で少しは生き残っているかもしれないが、川沿いの畦には除草剤が散布されたりしているので、そのうち一匹もいなくなることだろう。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/21.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/21.jpg" alt="21.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/22.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-131.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/22.jpg" alt="22.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br>こちらは工事される前の様子。<br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/186/clap" id="fc2button-clap-186" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-186").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/186/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-186.html" data-text="近年コンクリート護岸になって消滅した湧水水路の水辺環境" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-186.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-186.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
185

牛幡目出水再生計画

※以前書いた牛播目出水の記事はこちら(牛播目出水の以前の姿)飯山町の牛幡目出水の埋め立て計画を聞いたのは2018年初頭だったように思う。牛播目出水の木々が伐採されているのを見て、どうしたのだろうと思い、牛幡目出水の近隣の人から牛播目出水が埋め立てられることになったという話を聞いた。またその件に関して丸亀市議会議員の真鍋さんが中心となっているということで、真鍋さんと連絡をとり、牛幡目出水の埋め立て理由を... <a href="http://angelsgarden25.blog78.fc2.com/blog-entry-64.html" target="_blank" title="※以前の牛播目出水の記事はこちら">※以前書いた牛播目出水の記事はこちら(牛播目出水の以前の姿)</a><br><br>飯山町の牛幡目出水の埋め立て計画を聞いたのは2018年初頭だったように思う。<br>牛播目出水の木々が伐採されているのを見て、どうしたのだろうと思い、牛幡目出水の近隣の人から牛播目出水が埋め立てられることになったという話を聞いた。またその件に関して丸亀市議会議員の真鍋さんが中心となっているということで、真鍋さんと連絡をとり、牛幡目出水の埋め立て理由を聞いた。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi1.jpg" alt="ushi1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi2.jpg" alt="ushi2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>牛幡目出水は近年、湧水量が激減している為、牛幡目出水の水利組合が水源地としての権利を放棄したそうである。<br>それゆえに多面的機能支払交付金を使って出水を埋め立て(埋め立てはするものの、水源機能を「埋め」で残し、ヒュ-ム管を縦にした井戸から取水はできるようにする)、公園等地元の人の憩いの場にしようということだった。<br><br>しかし、ここ数年撮影し続けている牛幡目出水の写真を見返して見ると、湧水量が完全に枯渇しているというわけではなく、直ぐ側にある出水「大湧」ほどではないが、確かに水は湧き続けているので、埋め立てるのはやめて、貴重な水辺環境としてそのまま保存してもらえないだろうかということを提案させていただいた。<br><br>そして讃岐の出水を守る会のメンバーのブログ等を見てもらった後、貴重な水辺環境の保存という趣旨に賛同していただき、牛播目出水を埋め立てずにそのまま残してもらえることになった。<br><br>次にどのように保存していくのがよいかということを話し合うことになった。<br>牛播目出水は木を伐採される前は、藪が生い茂り、はたから見ると荒れたように見え、草や藪の管理もできておらず、一部護岸が崩れかけていたりして、護岸の一部をコンクリート化する計画もでていた。<br>そこで真鍋さんや業者さんとの打ち合わせの時に、讃岐の出水を守る会のメンバーである菅組社長の菅さんが生物多様性を考えて、コンクリート護岸ではなく石積み護岸を提案してくれたので、崩れかけていた南側はその後の工事で石積みに修復された。石積みは龍満組の方がきれいに施工してくれました。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi3.jpg" alt="ushi3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi4.jpg" alt="ushi4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi5.jpg" alt="ushi5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi6.jpg" alt="ushi6.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>また牛幡目出水の底は底なし沼のように泥が溜まっているので、できればそれを取り除いてほしいということを伝えたところ、コンクリートを投入してヘドロを固め取り出してもらえることになった。<br><a href="https://sugakun.exblog.jp/27186252/" target="_blank" title="その時の様子がこちら。菅さんのブログに詳しいことが書かれています。">その時の様子がこちら。菅さんのブログに詳しいことが書かれています。</a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/dodpp41r.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/dodpp41r.jpg" alt="dodpp41r.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi9.jpg" alt="ushi9.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi8.jpg" alt="ushi8.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>しかしその後コンクリート投入はなくなり、たくさんの生物が救出されたが、まだ出水内にはたくさん生き物が残っていたようで、メダカの学校もそのまま、クサガメはまだ多数出水内で生息している。<br><br>出水の周囲に生えていた木々は、隣接するたんぼの所有者が木の根や手入れに困るということで伐採されたそうだ。<br>またその後西側の畦はくずれかけているということで真砂土で整備された。<br><br>工事の後の様子がこちら。コンクリートを使わない石積みの護岸になり、生き物が生息しやすい環境を残すことができた。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi10.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi10.jpg" alt="ushi10.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi11.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi11.jpg" alt="ushi11.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi12.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi12.jpg" alt="ushi12.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>さて、その後の出水の様子がここから‥。半年後の2018年10月。<br>先駆植物のアカメガシワ等が育ち、すっかり緑に覆われている。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi13.jpg" alt="ushi13.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi14.jpg" alt="ushi14.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>年明けの1月。<br>冬枯れの出水。凍った土の上に水鳥の足跡が‥<br>湧水部は南端なので、そこだけ少ないながらも水が湧いている。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi15.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi15.jpg" alt="ushi15.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi16.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi16.jpg" alt="ushi16.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi17.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi17.jpg" alt="ushi17.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>5月。<br>ノバラとキショウブが美しく咲いている。<br>出水全体が緑に覆われ、スイカズラも咲いていた。小さな子ガメがたくさん浮かんでいた。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi18.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi18.jpg" alt="ushi18.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi19.jpg" alt="ushi19.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi20.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi20.jpg" alt="ushi20.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi21.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi21.jpg" alt="ushi21.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi22.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi22.jpg" alt="ushi22.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi23.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi23.jpg" alt="ushi23.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>そして6月。<br>出水の東側はすっかり草に覆われ、先駆植物のアカメガシワやヌルデ、マグワ。その他アキニレ、エノキ、クスノキなどの若木がぐんぐん成長している。その他、ナワシロイチゴが美味しそうな実をつけていた。<br>またうれしいことに環境省の準絶滅危惧の「ミクリ」が群生しているのを発見した。ヤブに覆われていた頃は気づかなかったが、ここにもミクリがあったのだと嬉しい気持ちになった。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi24.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi24.jpg" alt="ushi24.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi25.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi25.jpg" alt="ushi25.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi26.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi26.jpg" alt="ushi26.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br>また雨のあとは湧水量が増え、出水から湧き出した水が、北側の水路に勢いよく流れ出している。<br>湧水量が多いと、出水の水も透き通り、とても美しく見える。<br>この写真を撮影した数日後、出水を守る会のメンバーが東側の草刈りをしてくれた。<br>先駆植物がどんどん成長していっているようだが、出水の手入れをする上で、残す植物と切ってしまう植物を考える必要があるなと思った。菅さんからは実生の自生の木を大切にするのがよいということをご指導いただいたので、クスノキやエノキをそのまま残す方向性でいきたいと思う。<br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi27.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi27.jpg" alt="ushi27.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi28.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi28.jpg" alt="ushi28.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi29.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ushi29.jpg" alt="ushi29.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br><br><br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/185/clap" id="fc2button-clap-185" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-185").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/185/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-185.html" data-text="牛幡目出水再生計画" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-185.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-185.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
  • Date : 2019-06-05 (Wed)
  • Category : その他
184

透明度の高い池

たまに通る道沿いにある池。今までは特に気になる池でもなかったように思うが、先日通りがかった際に、池の水がきれいなことに気がついた。浜に降りてみるとやはり水がとてもキレイだった。しかし水中の草の生え具合から、長期間かなり水量が少なかったように思われる。そこに雨が降り、一時的に水量が増え、水がきれいだっただけかもしれない。イチョウ^ウキゴケがたくさん浮いていた。ヨシノボリのような小魚がたくさんいるよう... <a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza1.jpg" alt="pazza1.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>たまに通る道沿いにある池。<br>今までは特に気になる池でもなかったように思うが、先日通りがかった際に、池の水がきれいなことに気がついた。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza2.jpg" alt="pazza2.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>浜に降りてみるとやはり水がとてもキレイだった。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza3.jpg" alt="pazza3.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>しかし水中の草の生え具合から、長期間かなり水量が少なかったように思われる。そこに雨が降り、一時的に水量が増え、水がきれいだっただけかもしれない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza4.jpg" alt="pazza4.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>イチョウ^ウキゴケがたくさん浮いていた。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza5.jpg" alt="pazza5.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>ヨシノボリのような小魚がたくさんいるようだったので、池の中をのぞいてみた。<br><br><br><iframe src="https://static.fc2.com/misc/blog/view/ext_youtube_player.html?autoplay=1&amp;id=ATp59cRXP6w&amp;width=640&amp;height=360&amp;title=%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%81%AE%E6%B3%B3%E3%81%90%E6%B1%A0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen="" data-id="ATp59cRXP6w" width="640" height="360" frameborder="0"></iframe><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza6.jpg" alt="pazza6.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>堤防側から見た池。一時的かもしれないがきれいな水だ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza7.jpg" alt="pazza7.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>結構透明度が高い。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza8.jpg" alt="pazza8.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>水に顔を近づけて中をじっとのぞいていると、袋状のアミミドロがたくさん浮いていた。目を凝らさないと分からないが、とにかくたくさん袋状のアミミドロが浮いていて、かわいらしかった。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/pazza9.jpg" alt="pazza9.jpg" border="0" width="800" height="600" /></a><br><br>手に乗せてみるとこんな感じ。<br><br><br><br>イチョウ^ウキゴケと、ヨシノボリ、アミミドロでいっぱいのきれいな池だった。<br>ちなみにグーグルのストリートビューでみると、濁った水の普通の池の姿が写っていた;;<br><br><br><a href="https://yahoo.jp/4dwRva" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/184/clap" id="fc2button-clap-184" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-184").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/184/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-184.html" data-text="透明度の高い池" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-184.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-184.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
183

清水浄水場を水源とする湧水の小川と清水神社

丸亀市土居町を流れる丸亀市清水浄水場を水源とする湧水の小川。丸亀市土居町1丁目にある清水神社辺りは土器川の伏流水が昔から湧き出る土地だったようである。「讃岐名所図会」にはそのいわれを次のように記してある。昔、神功皇后が三韓へ兵を勧めての帰途、瀬戸内海の風波が高かったので中之水門へ難を避けた。その折、土地の人がここの水を差し上げた。皇后はおいしく飲まれ、これこそ清水だと言われたので、この地を清水とい... <a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu12.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu12.jpg" alt="simizu12.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>丸亀市土居町を流れる丸亀市清水浄水場を水源とする湧水の小川。<br>丸亀市土居町1丁目にある清水神社辺りは土器川の伏流水が昔から湧き出る土地だったようである。<br><br><br>「讃岐名所図会」にはそのいわれを次のように記してある。<br>昔、神功皇后が三韓へ兵を勧めての帰途、瀬戸内海の風波が高かったので中之水門へ難を避けた。その折、土地の人がここの水を差し上げた。皇后はおいしく飲まれ、これこそ清水だと言われたので、この地を清水というようになった。<br>西行法師も「皇きに手向の清水年を経て 底の玉藻は光り見へけり」と歌を詠んでいる。<br>ここ土居清水は軍隊があった時には飲料水の水源地とし、また市の水道も最初の水源をこの清水に求めた。<br>(「丸亀の歴史散歩」より)<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu1.jpg" alt="simizu1.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu2.jpg" alt="simizu2.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>丸亀市清水浄水場の隣には清水神社がある。<br>清水神社は香川県神社誌によると、当初は宗像三女神を祀り、清水明神と言われていたが、度々の洪水で跡形もなくなっていた。文政元年三月に土居村の庄屋、高木久大夫が夢でお告げを受け、お告げのあった場所をほったところ、異石があり、改めてその石を御霊代として祀り、清水大明神として崇敬したという。(全讃史 西讃府誌)<br><br>清水神社にいると、心地よいせせらぎの音が聞こえてきたので、確認してみると、清水神社の前の歩道の敷石の下に川が流れている。川が暗渠からでる部分に近づいてみると透き通ったきれいな水だった。この水の水源地が知りたくて、水路をさかのぼって見た。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu7.jpg" alt="simizu7.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらが清水神社の隣の清水浄水場。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu3.jpg" alt="simizu3.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>水路は浄水場の南に続いている。どうやらきれいな水は浄水場内南端のこの部分から水路に流れ出ているようだ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu4.jpg" alt="simizu4.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>この画像のちょうど左上側だ。ポンプで地下水を組み上げているように見える。<br>浄水場の人に電話で聞いてみると、伏流水を組み上げているのだろうという話だった。(ちょっと曖昧だった;;)<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu10.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu10.jpg" alt="simizu10.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu13.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu13.jpg" alt="simizu13.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu14.jpg" alt="simizu14.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>またこの水路だが、浄水場からはじまり、最後はすぐ近くを流れる清水川に流れ込んでいた。<br>きれいな水の流れる水路は、わずか200メートル程を流れてそれでおしまいだった。<br>またせっかくの美しい水の水路には広範囲に渡って蓋がされているため、ほとんど人の目に触れることなく、汚れた清水川に流れ込んでおり、残念としか言いようがなかった。<br>近所の人も、直ぐ側を美しい湧水が流れていることなど、ほとんど気づいていないに違いない。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu5.jpg" alt="simizu5.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu6.jpg" alt="simizu6.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu8.jpg" alt="simizu8.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simizu9.jpg" alt="simizu9.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>また面白いことに、この湧水の水路に沿って、水道が数メートルおきに設置されていた。<br>近所のおばあさんは「無料の水道」と呼んでいたが、ずいぶん昔からあったそうだ。<br>この水道は湧水の水路沿いにしかないようなので、多分、この近辺に住む人のために、流れる地下水をそのまま蛇口をひねって使えるように市が設置してくれたものだろうと思う。<br>試しに蛇口をひねってみたが、しっかり水が出た。<br><br>湧水所以の風情の欠片もない清水神社だが、神社前に心地よくひびく小川のせせらぎだけが、こんこんと湧きでる泉がまだ残っていた頃の情緒を感じさせてくれた。<br><br><br><a href="https://yahoo.jp/aPa31b" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/183/clap" id="fc2button-clap-183" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-183").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/183/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-183.html" data-text="清水浄水場を水源とする湧水の小川と清水神社" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-183.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-183.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
181

彦左衛門出水 まんのう町 出水・湧水

小川の途中にある彦左衛門出水。蛇渕出水の近くの小川がセリが茂ってとてもよい感じだったので、車から降りて眺めていると、農作業をしていたおじさんがここにも出水があると教えてくれた。石積みの一番下にある、石と石の間から、湧き出ているそうだ。こちらは拡大したもの。セリの繁る石積みの水路が素晴らしい水辺環境を生み出している。また農作業をしていたおじさんが、自宅の裏にも出水があると親切にも案内してくれた。家の... <a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he2.jpg" alt="he2.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>小川の途中にある彦左衛門出水。<br>蛇渕出水の近くの小川がセリが茂ってとてもよい感じだったので、車から降りて眺めていると、農作業をしていたおじさんがここにも出水があると教えてくれた。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he3.jpg" alt="he3.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>石積みの一番下にある、石と石の間から、湧き出ているそうだ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he1.jpg" alt="he1.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは拡大したもの。<br>セリの繁る石積みの水路が素晴らしい水辺環境を生み出している。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he4.jpg" alt="he4.jpg" border="0" width="450" height="600" /></a><br><br>また農作業をしていたおじさんが、自宅の裏にも出水があると親切にも案内してくれた。<br>家の裏手にはおくどさんがお祀りされてあり、その前に階段付きの小さな出水があった。<br>この辺りの出水は土器川の伏流水なので、大雨の時には、ここから水が溢れ出てくるそうだ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he5.jpg" alt="he5.jpg" border="0" width="450" height="600" /></a><br><br>こちらの祠は「おくどさん」だとのこと。かまど神のことだろう。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/he6.jpg" alt="he6.jpg" border="0" width="450" height="600" /></a><br><br>写真を撮った際は、底に少しばかり水が溜まっているだけだったが、湧いている時は生活用水としていろいろ使えて便利だろうなと思った。階段状になっているのが新鮮だった。<br>大変親切な方に出会えて幸運だった。<br><br><br><br><br><br><a href="https://yahoo.jp/6H0VoO" target="_blank" title="△">△</a><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/181/clap" id="fc2button-clap-181" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-181").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/181/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-181.html" data-text="彦左衛門出水 まんのう町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-181.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-181.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
180

蛇渕出水 まんのう町 出水・湧水

まんのう町羽間にある山沿いの出水。護岸はブロックと石積みだが昔の風情が残っていてよい。水も透き通ってきれいである。湧水部の井桁も残っている。ヌマエビも生息していそうである。ドアのなくなっているポンプ小屋。水面近くで小魚の群れが泳いでいた。近所のおじさんがいれたそうだ。メダカではなく、遠くてよく確認できないが土器川水系のモロコかカワムツのようだ。出水脇の斜面には小さな祠が‥水の神様を祀ったものだろう... <a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb1.jpg" alt="jb1.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>まんのう町羽間にある山沿いの出水。<br>護岸はブロックと石積みだが昔の風情が残っていてよい。<br>水も透き通ってきれいである。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb7.jpg" alt="jb7.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb8.jpg" alt="jb8.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>湧水部の井桁も残っている。<br>ヌマエビも生息していそうである。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb3.jpg" alt="jb3.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>ドアのなくなっているポンプ小屋。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb5.jpg" alt="jb5.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>水面近くで小魚の群れが泳いでいた。<br>近所のおじさんがいれたそうだ。<br>メダカではなく、遠くてよく確認できないが土器川水系のモロコかカワムツのようだ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb6.jpg" alt="jb6.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>出水脇の斜面には小さな祠が‥<br>水の神様を祀ったものだろうか?<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb4.jpg" alt="jb4.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>出水の直ぐ側にはこんな石碑が立っている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb2.jpg" alt="jb2.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>さらに少し離れた山の斜面には羽間分水工とかいてあるポンプ小屋とフェンスに囲まれた出水が‥。<br>もしかしてこちらが西念寺出水だろうか?<br><br><br><a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-128.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/jb9.jpg" alt="jb9.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>昔ながらのいい感じの出水だった。<br><br><br><br><br><a href="https://yahoo.jp/CuC64s" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/180/clap" id="fc2button-clap-180" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-180").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/180/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-180.html" data-text="蛇渕出水 まんのう町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-180.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-180.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
178

※ 桑島さんと讃留霊王パンフレット

桑島和茂さんは、丸亀市飯山町下法軍寺にある讃留霊王神社近くに生まれ育ち、幼少期より讃留霊王神社に親しんできた方である。常日頃から讃留霊王神社の手入れをし、讃留霊王関連の資料を集め、讃留霊王縁の地を旅し、讃留霊王神社に関する広報活動を行っている。その桑島さんが自費でパンフレットを作成された。■桑島さん作成「讃留霊王神社パンフレット」・表紙、中表紙、裏表紙・讃留霊王神社紹介・悪魚退治伝説【四国新聞より... 桑島和茂さんは、丸亀市飯山町下法軍寺にある讃留霊王神社近くに生まれ育ち、幼少期より讃留霊王神社に親しんできた方である。常日頃から讃留霊王神社の手入れをし、讃留霊王関連の資料を集め、讃留霊王縁の地を旅し、讃留霊王神社に関する広報活動を行っている。その桑島さんが自費でパンフレットを作成された。<br><br>■桑島さん作成「讃留霊王神社パンフレット」<br>・表紙、中表紙、裏表紙<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_hyousi1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_hyousi1.jpg" alt="saru_hyousi1.jpg" border="0" width="2468" height="1744" /></a><br><br>・讃留霊王神社紹介<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_setumei1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_setumei1.jpg" alt="saru_setumei1.jpg" border="0" width="2441" height="1755" /></a><br><br>・悪魚退治伝説<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_densetu1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/saru_densetu1.jpg" alt="saru_densetu1.jpg" border="0" width="1062" height="1170" /></a><br><br>【四国新聞より引用】<br>完成したパンフレットはそれまで伝説でしかなかった人物を、数十年に及ぶ研究資料の中から歴史に基づいて簡潔に解説。ポイントとなる写真も豊富に採用し、分かりやすい内容になっています。 <br><br>■桑島和茂さん紹介<br>讃留霊王神社拝殿にて2019年撮影。<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_3.jpg" alt="kuwajima_kiji_3.jpg" border="0" width="998" height="749" /></a><br><br>飯山町在住。遺跡発掘作業に、講演会、巨石文明等の遺跡見聞など精力的に活動されている。<br>讃留霊王に関する様々な資料を集め、冊子にして配布されている。<br>・「瀬戸内海歴史民俗資料館」友の会<br>・「讃留霊王古墳&古代法勲寺跡保存研究会」代表者<br>・「全国歴史研究会」正会員<br>・「倭の国研究会」会員<br>・「岐阜県超古代文化研究会」会員<br>・「日本ペトログラフ協会」会員<br>・「香川古代遺跡の謎を探る会」会員<br>・「香川県歴史博物館」友の会<br>・「讃岐富士巨石愛護研究会」代表者<br>・「飯ノ山の尊厳を讃える会」会員<br><br>■新聞に載りました<br>・2002/11/28(木)の四国新聞「あの人この人」シリーズ。<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_2.jpg" alt="kuwajima_kiji_2.jpg" border="0" width="681" height="606" /></a><br><br>・2002/11/29(金)の四国新聞ウィークリー生活情報Vol.212の「かがわニュースBOX」<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_1.jpg" alt="kuwajima_kiji_1.jpg" border="0" width="564" height="414" /></a><br><br>■桑島さんコレクション<br>飯山町下法軍寺にある「讃留霊王古墳」近くにお住まいの桑島さんの私物コレクションの一部。讃留霊王について長年研究されておられる桑島さんは暇があれば、讃留霊王神社へ赴き、草むしりから、樹木の手入れ、神社の由来等の石碑、神社の周りを明るくする為の石灯籠、祭りの旗、そういったものを購入する為の寄付集めに縁を辿っておられる。讃留霊王や古代法勲寺について興味のある方は是非桑島さんを訪れてみてください。<br><br>左:古代法勲寺跡から発掘された古瓦<br>右:古書類。上が「金比羅参詣名所図絵」、下が「讃岐国名勝図絵」。他にもたくさんの資料を所蔵されている。<br><a href="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-126.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_kiji_4.jpg" alt="kuwajima_kiji_4.jpg" border="0" width="452" height="170" /></a><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/178/clap" id="fc2button-clap-178" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-178").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/178/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-178.html" data-text="※ 桑島さんと讃留霊王パンフレット" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-178.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-178.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
176

大井出水と大井八幡神社付近の出水 琴平町 湧水・出水

大井八幡神社周辺には全部で4つの出水がある。そのうち1つは不断泉であり(上画像)、一年中水が湧いている。あとの3つは一時泉であり、灌漑期以外では湧水が止まる。大井八幡神社の境内には2つの出水があり、また境内を出たすぐ側にも2つ出水がある。神社境内の出水は大井といい、感慨期にのみ湧出する一時泉である。この画像は冬に撮ったものなので、湧水が止まり、完全に干上がっている。大井八幡神社の祭神は弥都波能売神... <a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20180418140437118.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20180418140437118.jpg" alt="1_20180418140437118.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>大井八幡神社周辺には全部で4つの出水がある。<br>そのうち1つは不断泉であり(上画像)、一年中水が湧いている。<br>あとの3つは一時泉であり、灌漑期以外では湧水が止まる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_20180418140434a1d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_20180418140434a1d.jpg" alt="9_20180418140434a1d.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>大井八幡神社の境内には2つの出水があり、また境内を出たすぐ側にも2つ出水がある。<br>神社境内の出水は大井といい、感慨期にのみ湧出する一時泉である。<br>この画像は冬に撮ったものなので、湧水が止まり、完全に干上がっている。<br><br>大井八幡神社の祭神は弥都波能売神(みづはのめのかみ)、八幡大神、五柱である。鎮座の年歴は不詳で、上古は大井の大神として水利を掌る神を奉斎していた。<br>伝えられるところでは、上古大旱の折、農民の苦労甚だしく、神櫛王6世の孫、篠目命大いにこれを憐れみ、この地を相して井を掘らしめたところ、清水こんこんと湧き出て皆大いに喜び、その神恩を奉謝して水神を祀る。当社境内に清泉あり大井という。中古八幡大神を相殿に祀り、歳月を経るまま大井八幡と称うるに至る。よって元々は金毘羅、榎井、苗田、四条、五条の産土神と仰いできた。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20180418140436f30.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20180418140436f30.jpg" alt="10_20180418140436f30.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは神社の側の護岸工事された出水。<br>脇の水路から、汚れた水が常に流入しているので、このような濁った水の出水となっている。<br>湧水があるのかどうかもよくわからない。<br>境内内の大井と同様、一時泉なのかもしれない。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20180418140439e0d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20180418140439e0d.jpg" alt="2_20180418140439e0d.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは上記護岸工事された出水のすぐ脇にある美しい出水。<br>昔ながらの石積み護岸で緑に囲まれた心癒される素晴らしい出水である。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_201804181404482db.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_201804181404482db.jpg" alt="8_201804181404482db.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>水面にはばらばらになった状態の鹿角苔がたくさん浮いていた。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/4_2018041814044231f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/4_2018041814044231f.jpg" alt="4_2018041814044231f.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>美しく透き通った水底にはウシガエルの死骸が沈んでいた。<br>その死骸を魚がしきりにつついている光景が見られた。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_20180418140443454.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_20180418140443454.jpg" alt="5_20180418140443454.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>カワモズクやヌマエビも見られた。<br>しかし2014年に撮影したときよりもずいぶんとエビの数が減り、カワモズクの発生も少なかった。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_201804181404454c3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_201804181404454c3.jpg" alt="6_201804181404454c3.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_2018041814044679b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_2018041814044679b.jpg" alt="7_2018041814044679b.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは2014年の画像だが、チャイロのカワモズクがびっしりと石や木に張り付き、エビの姿も多く見られた。<br>今年(2017年)はなぜカワモズクがほとんど発生していないのだろうと、いろいろ観察してみたが、水中の石の付着物から、カワモズクの発生時期に湧水量がかなり減っていたのではないかと推測した。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_2018041814044040b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-77.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_2018041814044040b.jpg" alt="3_2018041814044040b.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは出水の側の小高くなっている部分から撮影したものだが、左の出水から湧き出た水は右の湿地帯を抜け、水路へと流れ出ている。一部コンクリート部分もあるが、全体的に生態系が失われておらず、自然が保たれており、水も美しく、素晴らしい出水である。右側の湿地帯にもヌマエビをはじめとするたくさんの水生生物が生息しているのではないかと思われる。<br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/176/clap" id="fc2button-clap-176" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-176").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/176/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-176.html" data-text="大井出水と大井八幡神社付近の出水 琴平町 湧水・出水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-176.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-176.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
174

古水出水 高松市香川町 湧水・出水【B】

香川町大野、北中津団地内にある出水。二股に分かれているので、西側の出水には別の名前がついているのかもしれない。こちらは東の方から伸びている出水。驚くほどに澄んだ水が流れている。見た瞬間、嬉しくなったほどの美しい水だ。水路の片側は、昔の石積みが残されていていい感じだ。しかし残念なことに、生活排水が流れ込んでいる。こちらは奥の部分。少し広くなっていて、ここが湧水部だと思われるが、この部分だけ全面コンク... <a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20180207084147c54.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/10_20180207084147c54.jpg" alt="10_20180207084147c54.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>香川町大野、北中津団地内にある出水。<br>二股に分かれているので、西側の出水には別の名前がついているのかもしれない。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_20180207084142b80.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/7_20180207084142b80.jpg" alt="7_20180207084142b80.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは東の方から伸びている出水。<br>驚くほどに澄んだ水が流れている。<br>見た瞬間、嬉しくなったほどの美しい水だ。<br>水路の片側は、昔の石積みが残されていていい感じだ。<br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_2018020708415132f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/6_2018020708415132f.jpg" alt="6_2018020708415132f.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>しかし残念なことに、生活排水が流れ込んでいる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_20180207084144fe4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/8_20180207084144fe4.jpg" alt="8_20180207084144fe4.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは奥の部分。<br>少し広くなっていて、ここが湧水部だと思われるが、この部分だけ全面コンクリート護岸になっている。<br>しかし水底がきれいな砂地になっているのがよい。<br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20180207084137449.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/1_20180207084137449.jpg" alt="1_20180207084137449.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>夏には鯉以外の魚の姿を見ることができるのだろうか?<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_20180207084145afc.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/9_20180207084145afc.jpg" alt="9_20180207084145afc.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>水中に倒れた草からカワモズクが発生していた。<br>カワモズクが見られただけでも、この出水は十分価値がある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20180207084138f89.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2_20180207084138f89.jpg" alt="2_20180207084138f89.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは西側の出水。<br>オオカナダモ(?)やアカウキクサがびっしりと繁茂していて、水もあまりきれいではない様子。<br>奥に見える排水管からの排水が原因だろうか?<br>壁面は環境に配慮した護岸工事がなされている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_2018020708413909c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/3_2018020708413909c.jpg" alt="3_2018020708413909c.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>出水の周囲は、石積み護岸に使われていたらしい玉石を利用した花壇になっている。<br>出水周囲の草刈りや樹木の手入れの問題を、住民が花壇に利用するという形で解消しているのかもしれない。<br>本来ならば自然に草木が茂るままが生態系が保たれてよいのだが、こういう場所だと周辺住民からの苦情の問題もあって仕方がないのかもしれない。<br><br>それにしても今の人間は本当に生態系を理解していない人間が多い。<br>自然のままに生い茂る雑木や草原があれば、それを「荒れた」と表現して、伐採しようとする。また除草剤を散布する。<br>草や木が生えてこその地球であり、自然の姿であり、生命の営みである。<br>多くの人はそれをすっかり忘れてしまっている。<br>草や木があるから、酸素が生まれ、鳥は巣をかけ、様々な生き物がそこで生きることができる。<br>出水の周囲の草木類の手入れをする人がいないという理由で次々に、出水はコンクリート化されていく。<br>そうして貴重な水辺の叢生が失われていく。それは水辺の生態環境が破壊されるということである。<br>生態系の破壊は、人間の本来あるべき最も重要な生育環境の破壊でもあるということについて、誰もがもっとよく考えるべきだと思う。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_2018020708415057f.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/5_2018020708415057f.jpg" alt="5_2018020708415057f.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>こちらは2つの出水の合流ポイント。<br>水質の違いがはっきり分かる。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/4_20180207084141324.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/4_20180207084141324.jpg" alt="4_20180207084141324.jpg" border="0" width="600" height="450" /></a><br><br>合流ポイントで一つに合流した小川も環境に配慮した護岸工事がなされていた。<br>水面まで近づいていける‥、元からあった玉石が利用されている‥、水底が砕石で覆われていない‥など、環境に配慮した感は確かにあり、工事する際にはできるだけ生態系や元あった環境を大事にしたいという思いの元、工事されたのは伝わってきた出水だった。<br><br><br><a href="https://yahoo.jp/HjN_4Y" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/174/clap" id="fc2button-clap-174" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-174").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/174/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-174.html" data-text="古水出水 高松市香川町 湧水・出水【B】" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-174.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-174.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
170

雪よせ出水 高松市寺井町 出水・湧水【B】 

元旦に見つけた民家裏にある出水。中央の井戸の部分に、お神酒と鏡もちが供えられていた。冬期でも透き通った水がしっかり湧いており、なんだか心惹かれる泉だった。お供えをしているのは隣の民家の人だろうか?水の神様に感謝と畏敬の念を込めてお供えしているのだろう。きれいな水が湧くことに感謝の気持ちをあらわす、こんな光景は珍しくて、とてもうれしくなった。規模の小さな出水だが、こんこんと水が湧き続けているのがよい... <a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka1.jpg" alt="teraiminka1.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br>元旦に見つけた民家裏にある出水。<br>中央の井戸の部分に、お神酒と鏡もちが供えられていた。<br>冬期でも透き通った水がしっかり湧いており、なんだか心惹かれる泉だった。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka4.jpg" alt="teraiminka4.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br>お供えをしているのは隣の民家の人だろうか?<br>水の神様に感謝と畏敬の念を込めてお供えしているのだろう。<br>きれいな水が湧くことに感謝の気持ちをあらわす、こんな光景は珍しくて、とてもうれしくなった。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka2.jpg" alt="teraiminka2.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br>規模の小さな出水だが、こんこんと水が湧き続けているのがよい。<br>護岸が全てコンクリートでなければ、趣のあるすばらしい出水だったと思う。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka3.jpg" alt="teraiminka3.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br>水中は、スイレンと繁茂しているヨツメモ目の緑藻類らしき藻類で埋め尽くされていて、よく見えなかったが、水中映像を撮ってみると、水の透明度がよく分かる。しかし鯉がいるのが残念だ。<br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/teraiminka6.jpg" alt="teraiminka6.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br>今を生きる人の大半は綺麗な水の価値がほとんど分からず、従って水の汚れを気にすることもない。<br>自分が住んでいる地域の小川がどんなに汚れていても、ゴミだらけであっても、心を痛める人はほとんどいないだろう。<br>またその状況の深刻さも理解していない。<br>水の汚れは、そのまま地球環境の汚れ、生物の体の汚れ、人間の精神の劣化を表している。<br>またそれは人という種の終焉をも表している。<br><br>生きとし生けるものは微生物から人間を含む大型生物まで全てが密接なつながりを持ち、その均衡の上に生きている。<br>すべてがつながっており、互いに協力関係にあるがゆえに生きていられるということだ。<br>人が生き物である限り、この協力関係の一部から抜け出ることはできない。<br>しかし今の人間はそれらのことをすっかり忘れ、水を汚し、空気を汚し、土を汚し、自分の体を汚し、自分の子どもの体も汚し、日々、何もかも汚しながら生きるようになってしまった。<br><br>人体の化学物質汚染は深刻だ。<br>果物や野菜には農薬、遺伝子組換え作物に、化学調味料。シャンプーや石鹸から、体につける様々な化学物質。<br>室内にあるものはほとんど化学物質でできており、それらはすべていつかゴミとなり、地球を汚染する。<br>店では数年後ゴミとなる商品が、日々入荷され、人々に買われていく。<br>まさにゴミを生み出さないと生きられない世界だ。<br>つまり今の世界は、地球を汚染しないと生きていけないシステムになっている。<br>人間の体も、自ら汚染しないと生きられない人が多いようだ。<br>このような世界には絶望しか残されていないことに誰もが気づくべきだと思う。<br><br>現代人の体の化学物質汚染はかなり危険なレベルで、子どもを生む能力のない人間が増え、また健康な子どもが生まれない時代はもう始まっているのかもしれない。<br>それでも人は自らを反省することなく、現状を改善しようという気も起こらないのだろう。<br><br>人と自然環境は一心同体であり、片方が崩れればもう片方も同じように崩れていく。<br>どんなに多忙であっても、せめて自分の住む周囲の自然環境を理解し、汚れ破壊されてしまいつつあるそれらを正常な状態に戻すように努力をしないと、全てが終わりになってしまう日はもうすぐそこまで来ている。<br><br><br><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/E4zhskRTyvo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br><br><br><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube-nocookie.com/embed/Foqo39IVW0I" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br><a href="https://yahoo.jp/1aXFMK" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/170/clap" id="fc2button-clap-170" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-170").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/170/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-170.html" data-text="雪よせ出水 高松市寺井町 出水・湧水【B】 " data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-170.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-170.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
169

B】 一宮公民館東にある出水 高松市一宮町 出水・湧水

高松市一宮公民館の東のゴミステーション側の出水。湧水量は少なめだがきれいな水だ。スイレン?が生えている。誰かが植えたものだろう。魚の姿もちらほら見られた。フナなどが生息しているのかもしれない。ゴミ捨て場の方が目立っている。小さな出水だが、魚にとってはよい環境のようである。△... <a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin1.jpg" alt="itinomiyakoumin1.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>高松市一宮公民館の東のゴミステーション側の出水。<br>湧水量は少なめだがきれいな水だ。<br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin5.jpg" alt="itinomiyakoumin5.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>スイレン?が生えている。誰かが植えたものだろう。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin2.jpg" alt="itinomiyakoumin2.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>魚の姿もちらほら見られた。<br>フナなどが生息しているのかもしれない。<br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin3.jpg" alt="itinomiyakoumin3.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>ゴミ捨て場の方が目立っている。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/itinomiyakoumin4.jpg" alt="itinomiyakoumin4.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>小さな出水だが、魚にとってはよい環境のようである。<br><br><br><a href="https://yahoo.jp/ITfYPg" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/169/clap" id="fc2button-clap-169" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-169").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/169/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-169.html" data-text="B】 一宮公民館東にある出水 高松市一宮町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-169.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-169.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
168

S】 袂井(たもとい) 田村神社会館裏の出水 高松市一宮町 出水・湧水

田村神社敷地内、田村神社会館裏にある出水。田村神社のHPによると、「現在では御神体である淵と、境内東方にある袂井(たもとい)の二つのみである。」とあるので、この出水がおそらくその袂井だろう。説明には「袂井は百襲姫命がこの地に御来臨した時、里人の奉る鳥芋(ごや)を食べてにわかに熱病に罹り、渇きをうったえられた時に侍女が袂を浸して水を奉った井といい、今日もなお、稲田灌漑の水源地であることから「田本井」(たも... <a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura1.jpg" alt="tamura1.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>田村神社敷地内、田村神社会館裏にある出水。<br><br><a href="http://tamurajinja.com/about" target="_blank" title="田村神社のHP">田村神社のHP</a>によると、「現在では御神体である淵と、境内東方にある袂井(たもとい)の二つのみである。」とあるので、この出水がおそらくその袂井だろう。<br><br>説明には「袂井は百襲姫命がこの地に御来臨した時、里人の奉る鳥芋(ごや)を食べてにわかに熱病に罹り、渇きをうったえられた時に侍女が袂を浸して水を奉った井といい、今日もなお、稲田灌漑の水源地であることから「田本井」(たもとい)ともいう。」とある。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura4.jpg" alt="tamura4.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>石積護岸ですばらしいのだが、アカウキクサとウキクサ類で水面が覆われていた為、水中の様子が分からなかった。<br>アカウキクサは在来種なのか、外来種なのか判別できなかった。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura3.jpg" alt="tamura3.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>この出水に近づくために、アメリカセンダングサをかき分けて進んだため、種がハリネズミの針のように大量にズボンにつき、大変な状態になってしまった;;<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/tamura2.jpg" alt="tamura2.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>側を流れる小川との合流部分。<br>出水のきれいな湧水と、汚れた小川の水の違いがはっきりと分かる。<br>水面を覆っている小さめのウキクサは、きれいな水でしか見ることができない。<br><a href="https://yahoo.jp/COGfDI" target="_blank" title="△">△</a><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/168/clap" id="fc2button-clap-168" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-168").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/168/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-168.html" data-text="S】 袂井(たもとい) 田村神社会館裏の出水 高松市一宮町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-168.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-168.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
167

S】 下井出水 高松市香川町 出水・湧水

高松市香川町大野、行寺池(ぎょうじいけ)側にある、自然護岸の出水。水中はオオカナダモらしき水草に覆われているが、透き通ったきれいな水が湧いている。この辺りに多い、香東川の伏流水の一つだろう。水辺に見慣れない植物が茂っており、図鑑等で調べてみたが、分からなかったため、知恵袋で聞いてみた。ショウガ科のヘディキウムの一種だそうだ。さらにネットで検索すると「現在流通する数多くの園芸品種は、香川県の育種家小... <a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi1.jpg" alt="simoi1.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>高松市香川町大野、行寺池(ぎょうじいけ)側にある、自然護岸の出水。<br>水中はオオカナダモらしき水草に覆われているが、透き通ったきれいな水が湧いている。<br>この辺りに多い、香東川の伏流水の一つだろう。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi2.jpg" alt="simoi2.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>水辺に見慣れない植物が茂っており、図鑑等で調べてみたが、分からなかったため、知恵袋で聞いてみた。ショウガ科のヘディキウムの一種だそうだ。さらにネットで検索すると<a href="https://shiny-garden.com/post-3741/" target="_blank" title="「現在流通する数多くの園芸品種は、香川県の育種家小山実一氏の手によるもので、100種以上の品種が作出されています。」">「現在流通する数多くの園芸品種は、香川県の育種家小山実一氏の手によるもので、100種以上の品種が作出されています。」</a>という記述があった。<br>この場所で野生化し、立派に育っているのも、何かそれと関係があるのかもしれない^^;<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi5.jpg" alt="simoi5.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>護岸は植物に覆われてよく見えなかったが、石積護岸のようだ。<br>水辺に垂れたイバラの実が赤く色づいてきれいだった。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi4.jpg" alt="simoi4.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>季節柄、生き物の気配のない、静かな水辺であった。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi6.jpg" alt="simoi6.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>こちらは出水の流れ出ていく水路側から撮った写真。<br>水中で青々としているのはキショウブだろうか?<br><br><a href="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-118.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/simoi3.jpg" alt="simoi3.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br>こちらは側を流れる小川と出水の合流部分。<br>クレソンが生えていた。<br><br>側にいたおじさんの話によると、水は出水の南面から湧き出しており、昔は野菜を洗ったりするのに使われていたそうだ。<br>大きな出水なので、昔は湧水量が多かったのだろうと思う。<br><br><br><a href="https://yahoo.jp/fSqV9g" target="_blank" title="△">△</a><br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/167/clap" id="fc2button-clap-167" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-167").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/167/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-167.html" data-text="S】 下井出水 高松市香川町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-167.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-167.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
166

B】 墓の井出水 高松市一宮町 出水・湧水

高松市一宮町にある墓の井出水。なぜこの名称なのかは調べていないので不明。道路を挟んで南北に続く大きな出水である。写真は北側の完全に整備された出水。双方の出水は昔は1つにつながっていたのかもしれない。こちらが南側の出水。湧水量は少ないが隅の方から確かに水が湧き出ているのが確認できた。オオカナダモらしき水草が繁茂している。南と北の出水をつなぐ、味わいのある古い石積みの暗渠。北側の出水の暗渠出口。南側の... <a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi2.jpg" alt="hakanoi2.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br>高松市一宮町にある墓の井出水。なぜこの名称なのかは調べていないので不明。<br>道路を挟んで南北に続く大きな出水である。写真は北側の完全に整備された出水。<br>双方の出水は昔は1つにつながっていたのかもしれない。<br><br><br>こちらが南側の出水。<br>湧水量は少ないが隅の方から確かに水が湧き出ているのが確認できた。<br>オオカナダモらしき水草が繁茂している。<br><a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi3.jpg" alt="hakanoi3.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br><br>南と北の出水をつなぐ、味わいのある古い石積みの暗渠。<br><a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi4.jpg" alt="hakanoi4.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br><br>北側の出水の暗渠出口。南側の出水の水が流れ出ているようだ。<br><a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi5.jpg" alt="hakanoi5.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br><br>びっしりとクレソンが生えている。<br>たくさんの植木鉢が沈められていることから、地域で計画的に出水の保全をしているのかもしれない。<br>植木鉢に植えられている植物の種類がわからなかったのが残念だ。<br>またそれほど多くはないがゴミも捨てられていた。<br>出水をゴミ捨て場と思っている人も多いようだが、地域の自然環境に無知で、やっていいことといけないことがわからないかわいそうな人だろう。<br><a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi6.jpg" alt="hakanoi6.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br><br><br>水は美しく澄んでいる。<br>汚れていない水は水面の輝きが違う。<br>輝くなめらかな水面は鏡のように周囲の景色をはっきりと映しだす。<br>夏だと多くの生き物たちの姿が見られるのかもしれない。<br>今は冬なので、動いているのはアメンボくらいだった。<br><a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi9.jpg" alt="hakanoi9.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><br><br>完全に整備された出水ではあるが、石積み護岸で、底が土底なので、生態系は維持されると思う。<br>この時は湧水量が少なかったのだが、夏季には増えるのだろうか?<br><a href="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-116.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/hakanoi8.jpg" alt="hakanoi8.jpg" border="0" width="600" height="449" /></a><br><a href="https://yahoo.jp/GfUxn9" target="_blank" title="△">△</a><br><br>関連リンク:<a href="http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/9988_L17_3-3.pdf#search=%27%E5%A2%93%E3%81%AE%E4%BA%95%E5%87%BA%E6%B0%B4%27" target="_blank" title="http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/9988_L17_3-3.pdf#search=%27%E5%A2%93%E3%81%AE%E4%BA%95%E5%87%BA%E6%B0%B4%27">http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/9988_L17_3-3.pdf#search=%27%E5%A2%93%E3%81%AE%E4%BA%95%E5%87%BA%E6%B0%B4%27</a><br><br><br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/166/clap" id="fc2button-clap-166" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-166").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/166/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-166.html" data-text="B】 墓の井出水 高松市一宮町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-166.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-166.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
164

香川県内 各公園等 農薬散布状況

香川県内の各公園、寺社等における農薬散布状況を簡潔に記載する。農薬に弱い体質、化学物質過敏症、子供などはこういう場所へは連れて行かないほうがいいと思われる。特に栗林公園は危険すぎて人が行くべき場所ではない。人の健康・安全よりも、営利目的からくる、景観を重視する考え方は決して許されるものではない。大切なのは松の木の保全よりも、人の体、汚染されることのない正常な生態系である。松の木が枯れてもそれは仕方... 香川県内の各公園、寺社等における農薬散布状況を簡潔に記載する。<br>農薬に弱い体質、化学物質過敏症、子供などはこういう場所へは連れて行かないほうがいいと思われる。<br>特に栗林公園は危険すぎて人が行くべき場所ではない。<br><br>人の健康・安全よりも、営利目的からくる、景観を重視する考え方は決して許されるものではない。<br>大切なのは松の木の保全よりも、人の体、汚染されることのない正常な生態系である。<br><br>松の木が枯れてもそれは仕方がないことだと思う。<a href="https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70040.html" target="_blank" title="マツノザイセンチュウ">マツノザイセンチュウ</a>は外来種だ。<br>つまりこのような松枯れ被害が広まったのも人災だとも言える。自業自得ということだ。<br>それなのにまだ人体や環境へ悪影響を及ぼす農薬を松の木に散布し続けるということは、さらなる悪い結果を引き起こすことになるだろう。<br><br>近年、ミツバチの大量死で問題になっているネオニコチノイド農薬を松くい虫予防に使うところもある。<br>栗林公園に至っては市街地でそれを使っている。有機リン系農薬ももちろん危険だ。<br>何度も言うがこのように生き物の体を狂わせる毒を、景観を重視するあまりに使用することは決して許されることではない。<br>人間がまいた毒は、食物連鎖を通じて、または吸う空気から、飲む水から、必ず人間の体に戻ってくることになる。<br><br><br>どの公園等も農水省・環境省の「<a href="http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/" target="_blank" title="住宅地などにおける農薬使用について">住宅地などにおける農薬使用について</a>」という、農薬を使うものが遵守すべき事項を守れていない。<br>また環境省の<a href="http://www.env.go.jp/water/dojo/noyaku/hisan_risk/manual1_kanri.html" target="_blank" title="公園・街路樹等病害虫・雑草管理マニュアル ~農薬飛散によるリスク軽減に向けて~">公園・街路樹等病害虫・雑草管理マニュアル</a>も守れていないところが多い。こういうことをきちっと守れていない公園、神社仏閣、学校などの公共施設を見つけるとすぐに苦情を入れるべきだ。<br><br>安全な居住空間というのは多くの人の声があってこそ成り立つものであるということを忘れないでいて欲しい。<br>誰かがやってくれるだろう、誰かが対処してくれるだろうと思っている限り、物事はいい方向に進むことはない。自体は悪化していく一方である。<br>守りたい誰か、守りたい環境がもしあるのであれば、すぐに行動を起こすことをおすすめする。<br><br>※内容を新しいものに修正したいので、情報を随時募集しています。<br><br>【高松市 栗林公園】<br>一年の三分の一という恐ろしく長い期間、農薬散布を行う恐怖の公園。<br>散布は夜間、閉園後。<br>松くい虫予防の農薬散布から、園内全体の樹木、芝生まで散布。<br>立ち入り禁止措置はせずに、告知看板を設置。<br>子供が歩く芝の上には農薬散布はしないとのことだが、それ以外の場所の芝生ではラウンドアップも散布とのこと。<br>散布後の空気中の農薬濃度が周囲に比べて非常に高いことが考えられるので特に子供には非常に危険。<br>周辺の水系汚染は確実だと思われる‥<br>松くい虫防除は、エコワンフロアブル(ネオニコチノイド系のチアクロプリド)。<br><a href="https://www.flickr.com/photos/37538630@N03/sets/72157617604447342" target="_blank" title="どなたかがアップしてくれていた画像や動画をみつけたので勝手ながらリンクさせてもらった。">どなたかがアップしてくれていた画像や動画をみつけたので勝手ながらリンクさせてもらった。</a><br><br>【丸亀市 丸亀城】<br>公園内の松と桜に行う。松はスミパイン散布から樹幹注入に切り替え。<br>丸亀城の濠沿いにある通学路沿いの低木に対し行っていた農薬散布は中止とする。<br>公園内樹木の害虫駆除については、剪定を基本に対応し、イラガ等の危険な害虫が大量に発生した場合は、農薬散布による駆除を検討し、その際は、来訪者、周辺住民などへの告知を行い、必要最小限の樹木を対象として実施。<br>周辺住民や周辺学校への農薬散布の連絡はチラシにて行う予定。<br><br><br>【高松市 公渕公園】<br>松くい虫防除のためのスプリンクラーを各松の木に設置。<br>松の木のてっぺんから農薬が吹き出るしくみになっています。<br>見るも恐ろしい光景。<br>年二度ほど散布を行う。散布の際は一週間前から散布の告知を公園内でのみ行う。<br>スミパイン乳剤(有機リン系)などを散布。<br>散布後何も知らずに森のなかに入ると非常に危険。<br><br><br>【琴平町 金比羅宮の農薬散布】<br>金比羅宮の農薬散布は松くい虫予防のみ行っており、それ以外の樹木への農薬散布は行っていない。<br>松くい虫の農薬散布は樹幹注入だとのこと。<br><br><br>【善通寺市 総本山善通寺】<br> 6月に境内の松に松くい虫防除の農薬を散布。<br>ネオニオチノイド系農薬のマツグリーン(アセタミプリド)とバロックフロアブル(エトキサゾール)を散布。<br>散布&樹幹注入の「両方」行っている。<br>事前告知に関しては、各門にチラシをはって告知とのこと。<br>散布は4時か5時に行い、一時間半くらい立入禁止にしてその後、散布後の告知も立入禁止措置もなし。<br>危険な農薬を散布しても立入禁止にしないので、非常に危険。<br>弘法大師も呆れ果てる愚行。<br><br><br>【まんのう町 国営讃岐まんのう公園】<br>散布は年5,6回行う。(4月、6月、8月、9月、1月、3月)<br>芝生の上には11月と3月に除草剤(シバゲン)を散布。<br>松くい虫防除は樹幹注入。大きい畑はオルトランなどの散布。<br>子供たちが遊ぶ広い芝生広場への除草剤散は告知無しで行い、また散布後の立ち入り禁止措置はなく、特に子どもたちが非常に危険。<br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/164/clap" id="fc2button-clap-164" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-164").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/164/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-164.html" data-text="香川県内 各公園等 農薬散布状況" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-164.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-164.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
162

A】 甚五郎出水 飯山町出水(湧水)

飯山高校グラウンドにある出水。勝手に高校に入るわけにはいかないので、高校の事務室で確認をとってから入らせてもらった。完璧に護岸工事されているが、清らかな水がとめどなく湧き出ている。すぐそばの柳出水も素晴らしい出水だが、こちらの出水も昔の姿を是非見てみたかったなと思う。せめて水辺にも近寄れるように親水的になっているのがよい。これは4年前の画像だが(アップし忘れていたため;;)今はどうだろうか?小魚等... <a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_1399.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_1399.jpg" alt="甚五郎出水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br>飯山高校グラウンドにある出水。<br>勝手に高校に入るわけにはいかないので、高校の事務室で確認をとってから入らせてもらった。<br><br>完璧に護岸工事されているが、清らかな水がとめどなく湧き出ている。<br>すぐそばの柳出水も素晴らしい出水だが、こちらの出水も昔の姿を是非見てみたかったなと思う。<br><br>せめて水辺にも近寄れるように親水的になっているのがよい。<br>これは4年前の画像だが(アップし忘れていたため;;)今はどうだろうか?<br>小魚等、生息していたように思う。(また確認にいかねば‥)<br><br><a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_1394.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_1394.jpg" alt="甚五郎出水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br>甚五郎出水脇の石碑には次のように刻まれてある。<br>読むと昔、水不足に苦しんだ人々にとって、出水がどんなにありがたい存在だったのかがよく分かる。<br><br>【名水 甚五郎出水】<br><br>古老曰く、川原前場に三名水ありと。<br>「ほとけ」「甚五郎」「やなぎ」これなり。<br>「ほとけ」は名僧の、「甚五郎」は甚五郎翁の、「やなぎ」は里人の掘削になるものか。<br>何れも水質清涼、水量豊富の湧き水なり。<br>往古より生活用水、灌漑用水としての至宝なり。<br>中の一つ「甚五郎出水」は、篤農家甚五郎翁の手によるものならん。<br>翁は地域開発に極めて多大な功績有りて、田地名にもその名残れり。<br>「甚五郎出水」の呼称も翁の偉大なる業績に報恩感謝の誠を捧ぐる心の叫びならん。<br>この度、水資源確保と環境風致整備の事業を施工す。<br>このことに依り、至宝の清水は永久に湧出するならん。<br>かくて先人の功績は美しき花と咲き匂い、逞しき足跡は光と輝かん。<br><br>平成一一年一月一一日 甚五郎出水水利組合」<br><br><a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_1395.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_1395.jpg" alt="甚五郎出水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br><br><br><br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/162/clap" id="fc2button-clap-162" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-162").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/162/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-162.html" data-text="A】 甚五郎出水 飯山町出水(湧水)" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-162.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-162.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
161

B】 大井川出水 高松市一宮町 出水・湧水

田村神社の近く、源平うどん一宮店のすぐ裏にある出水。水は透明だが、一部を除き護岸工事されている。なかなか大きくて広い出水だ。出水のすぐ脇には集会所と地神社(?)がある。地神さんは五角柱とか六角柱が目印なのでわかるが、隣の祠は何をお祀りしているのだろうか?(地神さんについてはこちらで詳しく説明されていたのでリンクさせていただきました)時期が冬ということもあって鯉が泳いでいるくらいしか、水中に関する情... <a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9614.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9614.jpg" alt="田村神社近くの出水 湧水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br>田村神社の近く、源平うどん一宮店のすぐ裏にある出水。<br>水は透明だが、一部を除き護岸工事されている。<br>なかなか大きくて広い出水だ。<br><br><br><a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9611.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9611.jpg" alt="田村神社近くの出水 湧水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br>出水のすぐ脇には集会所と地神社(?)がある。<br>地神さんは五角柱とか六角柱が目印なのでわかるが、隣の祠は何をお祀りしているのだろうか?<br><a href="http://cultural-experience.blogspot.jp/2015/11/blog-post_29.html" target="_blank" title="(地神さんについてはこちらで詳しく説明されていたのでリンクさせていただきました)">(地神さんについてはこちらで詳しく説明されていたのでリンクさせていただきました)</a><br><br><br><br><a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9608.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9608.jpg" alt="田村神社近くの出水 湧水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br><br><a href="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9615.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-100.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_9615.jpg" alt="田村神社近くの出水 湧水" border="0" width="1600" height="1200" /></a><br><br>時期が冬ということもあって鯉が泳いでいるくらいしか、水中に関する情報は得られなかった。<br>水もきれいで、水量もそこそこ豊富なようだが、出水の中に源平うどんの排気口から垂れる油が流れ込まないか心配だ。<br>いつまでも清らかな水の湧く、美しい出水であってほしい。<br><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/161/clap" id="fc2button-clap-161" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-161").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/161/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-161.html" data-text="B】 大井川出水 高松市一宮町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-161.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-161.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
160

飯野山山頂の巨石群

飯野山山頂周辺には古代巨石文化の遺跡と見られるものがいくつか見られる。「飯山町誌」の前身「坂元村誌」には飯野山山頂にある「おじょも岩」「火伏石」について次にように書かれている。「これは自然的な存在ではなくて人工的に作った巨石文化の遺跡である。何時の頃、何人が築いたかは不明であるが、先史時代又は原始時代の遺跡であることは学者の一致した意見で、学界は巨石文化のもとに研究の歩を進めているのである。」◆お... 飯野山山頂周辺には古代巨石文化の遺跡と見られるものがいくつか見られる。<br><br>「飯山町誌」の前身「坂元村誌」には飯野山山頂にある「おじょも岩」「火伏石」について次にように書かれている。「これは自然的な存在ではなくて人工的に作った巨石文化の遺跡である。何時の頃、何人が築いたかは不明であるが、先史時代又は原始時代の遺跡であることは学者の一致した意見で、学界は巨石文化のもとに研究の歩を進めているのである。」<br><br>◆おじょもの足跡岩(ずいぶん古い小さい画像しかなかった;;)<br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ojyomo.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/ojyomo.jpg" alt="ojyomo.jpg" border="0" width="226" height="170" /></a><br><br>◆火伏岩<br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2016050623024533b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2016050623024533b.jpg" alt="火伏石" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>また山頂の平坦部にある噴火を抑えるために置いたといわれる火伏石は「大昔この山が盛んに噴火している時ある日仙人が来て、噴火が人民に害を及ぼすこと多きを察して、火伏の為、火口上に巨石を置いたといわれ、また怪物が此の山に住み、其の足跡を岩につけたのだと伝えて恐れられている」とある。また神に供物をした遺構であるともいわれているとのこと。(飯山町誌より)<br>今ではおじょも伝説となっているが、昔はおじょもというより怪物や神の足跡だと思われていたのかもしれない。<br><br><br>飯野山山頂からは弥生時代中期の長頸壺が出土しており、飯山町誌によると、磐座も含めた遺跡群を高地性集落とする根拠ともしていると書かれている。長頸壺は山頂においてどのように使われていたのだろうか?食べ物の貯蔵に使われたのか、水をいれていたのか、どちらにせよ神事というより日常生活の範囲内で使われたのかもしれない。<br>旧石器時代から古墳時代にかけての遺跡は飯野山山頂以外にも、平野部、山麓にも点在している。<br><br>南西山麓にある飯神社の祭神は讃岐国魂である飯依彦であり、飯野山はその神が住む山としても昔から崇拝されてきた。<br>飯神社は延喜式神名帳に載っている神社であり、飯神社の社伝には太古の昔は山上に鎮座していたとある。<br>飯神社についてはまた別の機会に載せようと思う。<br><br><br>ここでは飯野山山頂巨石群について、飯山町在住の郷土史研究家、桑島さんにいろいろ教えていただいたのでそれを紹介したいと思う。<br>2001年初頭に桑島さんは、一般的にも名の知れた上記二か所の巨石以外にも、山頂付近に巨石群が存在することに気付き、独自で調査をはじめられた。一人で山頂の藪を切り開き、多くの人に見てもらいたいと手描きの「飯ノ山巨石マップ」も作成された。また自費で各巨石の案内札を作成し、各所に設置したが、その多くは心無い人によって引き抜かれ捨てられたりしてしまった。飯野山をただの岩山と思いたい人々の仕業かもしれない。<br><br>その手描きの巨石マップをイラストレーターで書きなおしたものがこちらであるが、何分、十数年前に作ったファイルであり、今と違ってマックを使っていた時代で、もう元データがないために修正することができない。(一から作り直す余力はもう無し…;;)<br>また不正確な個所がいくつかあるのでこれではなく以下の桑島さん直筆のマップを参照されたい。<br>この私が作成したこの地図を勝手に個人のサイトなどに張られているのを見かけるが、他人の画像を無断で使うことはマナー違反であり、管理人に一言お願いします。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kyoseki_map.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kyoseki_map.gif" alt="kyoseki_map.gif" border="0" width="455" height="306" /></a><br><br>こちらが桑島さん作成の直筆マップ。<br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_map.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/kuwajima_map.gif" alt="kuwajima_map.gif" border="0" width="2000" height="1502" /></a><br><br><br>山頂を取り巻くように点在している多くの巨石群だが、特に桑島さんが手入れされ、教えていただいたものを以下に載せてみた。<br><br><br>(1)~(5)こちらは山頂薬師堂の東約35メートルくらいのところにある頂卯磐座(ちょうういわくら)。頂上から真東に位置する場所にある為そう名付けたそうだ。(以下、岩の名前はすべて桑島さん命名)。中央は大鏡岩。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506230247434.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506230247434.jpg" alt="大鏡岩" border="0" width="922" height="480" /></a><br><br>中央の東面が平らになっている鏡岩の足元にはお供え岩。中央部の参道の両側には南立岩と北立岩が立っている。(この画像は二枚の画像を一つにしたものなので実際のものとは遠近感・角度や大きさ等に違いあり)<br>大鏡岩は真東を指している。また北立岩には水神を意味するペトログラフらしきものが見られる。(日本ペトログラフ協会吉田会長が桑島さんと登山した際にそういう話を聞いたそうだ)<br>またこの大鏡岩の側で桑島さんはおおきな蛇(アオダイショウ)を見たそうだ。この岩の下に住んでいるらしいとのこと。<br>古来日本人の信仰の根源であったものは蛇信仰であり、それから考えると、水神を表すというのは納得がいく。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506230248df6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506230248df6.jpg" alt="大鏡岩2" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>大鏡岩は両手を広げた桑島さんと岩を比較すると、その大きさがよく分かる。<br>また東を向いた面は太陽のエネルギーを受けやすいように平らになっている。<br>迫力のある大きな磐座である。桑島さんが張られた紙垂がよい感じだ。<br><br><br><br>(28)(45)(50)こちらは一つの大岩が6つに割れてできたような頂艮磐座(ちょうこんいわくら)。頂上から東北(丑寅)の方角を艮というそうだ)にあるのでそう命名したとのこと。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605081338013c1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605081338013c1.jpg" alt="磐座" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>こちらも桑島さんが紙垂を張り、巨石の周囲を手入れしてくれているので、さっぱりとした状態で写真が撮れた。<br>しかしこの磐座の真正面に誰かが植樹をしてしまっている。<br>もしこの木が大きくなればこの磐座はこの木で隠されてしまうのだろう。<br>できれば別の場所に植え替えてもらいたいものである。<br>この磐座もまた東を向いている。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2016050623093572a.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/2016050623093572a.jpg" alt="磐座3" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>この磐座の足元には舟形石がある。桑島さんの話によると吉田会長が飯野山登山の折、この石に気付き、舟形石というものについて説明してくれたそうだ。舟形石とは大昔、海洋民族がこの地やってきた時、自分たちの乗ってきた船をかたどったものかもしれないとのことだ。供え物用の石として使われたようだ。<br>確かに人工的に作られたもののように思える。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062309337a4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062309337a4.jpg" alt="磐座2" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(7)こちらは大天蓋岩。迫力のある大岩だ。この組岩も東を向いている。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231049030.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231049030.jpg" alt="天蓋大岩1" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>こちらは横から見たところ。<br>左右の石が中央の大岩を支えているように見える。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062310513f5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062310513f5.jpg" alt="天蓋大岩2" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(6)穴不動。<br>石積みの壁の上に大きな岩が覆いかぶさっている組岩。なんだか石室のようにも見える。<br>桑島さんによると不動信仰の人々が昔磐座の中に不動さんを祀ったのではないかとのこと。<br>山頂広場にもお不動さんは祀られているがこちらの方が古そうだ。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231135742.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231135742.jpg" alt="穴不動" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231136dd4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231136dd4.jpg" alt="穴不動2" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(9)こちらは石鎚神社としてまつられているご神体岩。<br>小さな祠が巨石の前に置かれてある。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231228e71.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231228e71.jpg" alt="石鎚2" border="0" width="480" height="640" /></a><br><br>御神体岩は桑島さんと比較するととても大きいことが分かる。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062312261e9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062312261e9.jpg" alt="石鎚1" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(10)鷹岩。大きな巨石が台石の上に乗っている。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231307e25.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231307e25.jpg" alt="鷹岩" border="0" width="480" height="640" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062313084e4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062313084e4.jpg" alt="鷹岩2" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>◆鷹岩の近くにあった割れた岩。切断線は東を向いている。<br>いくら柱状節理ゆえに割れやすい性質であると言っても、すべてがすべて、自然に割れたものとはいえないのではないか?<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231310ddf.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231310ddf.jpg" alt="切断岩" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(33)三重連立岩。これは三つの岩が重なり合っている。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062314119db.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/201605062314119db.jpg" alt="三連立岩2" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>(27)三連立岩。<br>きれいに平行に並んだ三連の岩。<br>柱状節理に断面に沿って割れた(割った)のだとは思うが、何か意味ありげである。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231410fe0.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231410fe0.jpg" alt="三連立岩1" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(17)大立岩(祈岩)横列の五個の台石に大岩がのっている。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231518773.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231518773.jpg" alt="巨石5" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>(34)おじょも三面顔岩<br>こちらはおじょものような顔の表情が見る角度によって違うという岩。<br>右から見ると渋い顔が左に寄っていくとほころんだ顔に見えてくるそうだ^^<br>桑島さんのユーモラスな発想がおもしろいと思う。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231521cd9.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231521cd9.jpg" alt="三面岩" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br>◆そのほかにもまだまだ奇岩はある。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231519f8e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160506231519f8e.jpg" alt="巨石7" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>最後に飯野山パンフレットを!<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160508140111983.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/20160508140111983.jpg" alt="飯野山パンフレット" border="0" width="1742" height="1218" /></a><br><br><br>随時追加修正予定。最終更新2016/5/8<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/160/clap" id="fc2button-clap-160" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-160").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/160/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-160.html" data-text="飯野山山頂の巨石群" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-160.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-160.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
159

S】 琴平町下櫛無付近の出水 琴平町 出水・湧水

自然護岸だと思われる田んぼの中の出水。出水を取り囲んで生える様々な植物の姿がとても美しい。昔はそこら辺のあぜ道で普通によく見られたフキも今ではほとんどみかけることはなくなった。しかしこの出水にはたくさんのフキが元気に生い茂っていた。水量は少な目。水は透き通っている。が周囲に農薬使用量の多いにんにく畑がたくさんあったので、農薬が地下に浸み込み地下水を汚染している可能性がある。そのせいなのか、それとも... <br>自然護岸だと思われる田んぼの中の出水。<br>出水を取り囲んで生える様々な植物の姿がとても美しい。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85464.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85464.jpg" alt="IMG_85464.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>昔はそこら辺のあぜ道で普通によく見られたフキも今ではほとんどみかけることはなくなった。<br>しかしこの出水にはたくさんのフキが元気に生い茂っていた。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85463.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85463.jpg" alt="IMG_85463.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>水量は少な目。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85462.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85462.jpg" alt="IMG_85462.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>水は透き通っている。<br>が周囲に農薬使用量の多いにんにく畑がたくさんあったので、農薬が地下に浸み込み地下水を汚染している可能性がある。<br>そのせいなのか、それとも水量不足で干上がることが多いのか、生き物の姿がほとんどみられなかった。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_8546.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_8546.jpg" alt="IMG_8546.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>見た目は美しい泉だが、命の気配がほとんど感じられない出水なのが残念だ。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85465.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85465.jpg" alt="IMG_85465.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><br><br><br><a href="http://yahoo.jp/QhDJiH" target="_blank" title="△">△</a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/159/clap" id="fc2button-clap-159" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-159").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/159/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-159.html" data-text="S】 琴平町下櫛無付近の出水 琴平町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-159.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-159.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
158

A】 琴平町下櫛無付近の出水 琴平町 出水・湧水

久々に見つけた感じの良い出水。周囲は護岸工事がされているが、中身は昔のままに井桁が残っている。生き物の姿は確認していないが、きれいな水が湧いている。昔は周囲のコンクリート部分がなくもっと広かったのかもしれない。井桁部分のみが残る井戸のような小さな出水だった。古びた井桁枠にはたくさんの植物が茂り、美しい水辺の光景が生まれていた。△... <br>久々に見つけた感じの良い出水。<br>周囲は護岸工事がされているが、中身は昔のままに井桁が残っている。<br>生き物の姿は確認していないが、きれいな水が湧いている。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85383.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85383.jpg" alt="IMG_85383.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>昔は周囲のコンクリート部分がなくもっと広かったのかもしれない。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85382.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85382.jpg" alt="IMG_85382.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br>井桁部分のみが残る井戸のような小さな出水だった。<br>古びた井桁枠にはたくさんの植物が茂り、美しい水辺の光景が生まれていた。<br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_8538.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_8538.jpg" alt="IMG_8538.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><a href="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85384.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-91.fc2.com/a/n/g/angelsgarden25/IMG_85384.jpg" alt="IMG_85384.jpg" border="0" width="640" height="480" /></a><br><br><a href="http://yahoo.jp/V4nAYz" target="_blank" title="△">△</a><br><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/158/clap" id="fc2button-clap-158" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-158").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/red/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/angelsgarden25/158/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-158.html" data-text="A】 琴平町下櫛無付近の出水 琴平町 出水・湧水" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div><div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fangelsgarden25.blog.fc2.com%2Fblog-entry-158.html&amp;layout=button_count&amp;width=105&amp;share=0&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;appId=" width="105" height="21" style="border:none; overflow:hidden;" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="https://angelsgarden25.blog.fc2.com/blog-entry-158.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>